プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
『信濃の一茶』 ; 洗車 ; サニー修理 ; 「オニカッコウ」のヒナ ; 今日の食事 ; 猫たち
2015年07月15日 (水) 18:14 / 日記

 今朝5時20分、我が家の外気温は、23.7℃、雲り。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、24.0℃、昨日の最高気温は、33.3℃。雨ナシ。
 午後1半過ぎ、「大音響」、至近距離の雷である。いったん停止。結局、それっきりだった。3時になって再立ち上げ。何事もいなかった。



【『信濃の一茶』】

 長野時代にその内読もうと思って買ったままになっていた『信濃の一茶 ~化政期の地方文化~ (矢羽勝幸著:中公新書)』を暑い最中外に出るのもいやで読んでみた。2日掛かりである。

 「小林」姓は、全国的にも10位前後に入っている良くある名字だそうだが、長野県で最多だそうである。
 「一茶」は長野県信濃町の農家の生まれだが、このあたりは、小林姓の多い長野県の中でも特に小林さん集中地域で、信濃町の小林姓は2位の名字の2倍以上というダントツの最多となっているらしい。
 「小林一茶」の出生時の名は、「小林弥太郎」だったとのこと。名字帯刀を許された農家の出身。
長野時代の最後のご奉公先の支社長(支店長)が、小林さんだったほか、今でもお付き合いさせていただいているご夫婦でマラソンを走っているかつての同僚の小林君がいる。チェンライに戻ってからお知り合いになり、なにから何まですっかりお世話になっているチェンライ市内にロングステイされている同年輩の元建設会社を経営されていた小林さんも、長野市内のご出身である。

 名字のことはともかくとして、「小林一茶」という名前に出遇ったのは、記憶ちがいでなければ小学校の中学年ころだった。引き揚げ鞘の家族ということもあって、同年輩の子供たちとのお付き合いも下手で、孤独をかこっていたころ、「一茶」の俳句に出会い、わが身に置き換えて共感していたものである。それウィ来、「一茶」というのは、「世捨て人」のひねくれ者のように思い込んでいたが、この本にも書かれているように、相続争いで家族との軋轢が会ったとは言うものの、決して「ひねくれ者」ではなかったようである。14のときに、江戸に奉公に出されたのだが、奉公のかたわら多くのことを学び、当時として「インテリ」階級に入る「俳諧師」になり、信濃に戻ってからも、終生地方文化の片割れを担っていたようである。18世紀から19世紀はじめ掛けて活躍した人である。
 「小林一茶」については、コチラ などが参考になる。

 記憶に鮮明に残っている一茶の句のいくつかをしるしておく。

     ・ めでたさも中位(ちゆうくらゐ)なりおらが春
     ・ やせ蛙(がへる)まけるな一茶これにあり
     ・ 雀の子そこのけそこのけお馬が通る
     ・ やれ打つな蝿(はへ)が手をすり足をする
     ・ 名月をとってくれろと泣く子かな
     ・ これがまあ終(つひ)の栖(すみか)か雪五尺
     ・ 我と来て遊べや親のない雀




【洗車】

 1ヶ月以上乗っていないので、バッテリーが上がってしまい、補修かたがた外出するので、埃まみれの車体を洗ってやった。



img_(A1400)_2003.jpg
 
ブレーキ修理のため、4輪はずされてジャッキアップされている我が家の「サニー」

【サニー修理】

 バッテリーの充電を兼ねて、甘くなっていたブレーキの調整をしてもらいに、「パサーン」のいつものタイヤ・下回り工場に行った。
 後輪のタイヤには、かなり危ないヒビが入っていて、タイヤ交換することに。奥さんがいて、ディスカウントしてもらって、185-65-14、2本で2900฿は、かなり割安。このタイヤを、9年ほど前に交換したときには、1本1500฿だった。ピックアップのタイヤの1本分で2本交換できた。たまにしか乗らないようになってしまったとはいえ、9年前とほとんど同じだった。
 FFということもあって、去年の4月に交換したものの、あまり磨耗していなかった今までのタイヤを後輪に回して、前輪に装けた。
 ブレーキの不具合だが、踏みしろが深くなって急ブレーキになってしまうので見てもらったら、ブレーキオイルポンプが故障しかかっていて、交換してもらった。メチャンの部品屋まで調達に行ったらしいが、そのまま使える部品は手に入らず、買ってきてかなり時間かけて調整して装けていた。手作り部品のようなものである。経験豊富なメインの職人がいたから出来たようなもの。ブレーキオイルポンプ、880฿。ブレーキオイル、125฿。工賃300฿。
 今までショックアブソーバの経年劣化だと思っていたガタツキ、タイヤ交換したらほとんどが解消し、乗用車らしい乗り心地になった。タイヤが劣化すると、路面の凸凹がそのまま座席にまで伝わるのかもしれない。それにしても、ブレーキは直ったし、事故につながらなくてよかった。



img_(A1400)_2005s.jpg
 
ちょっとだけ、庭木の枝に止まらせてもらった「オニカッコウ」のヒナ、嬉しそう!

【「オニカッコウ」のヒナ】

 チャムトーンのサラーで保護されて今日で3日になる。食欲は、きわめて旺盛で、順調に育っていて、尾羽も少し伸びてきた。この分だとあと1週間もすれば飛べるようになり、巣立っていくのかも知れない。
 成長したオス(?)が、メスを呼ぶ声が、コチラ などに公開されている。我が家の庭先でもよく耳にする鳴き声である。今回と同じようにヒナが保護されて、そのままペットとして飼育されていることもあるようである。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム(タイ粥) 豚ひき肉、半生卵、ねぎ、どんぶり1杯
  ・ キュウリ、トマトのサラダ (胡麻ドレッシング)
  ・ コーヒー (ブラック)

〈昼〉
  ・ 手打ちざるうどん
  ・ メロン

〈夕〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ 味噌汁 (わかめ、揚げ)
  ・ ティラピア洗い
  ・ ピーマン、ショウガ、鶏レバー炒め



【猫たち】

 朝、「アキ」以外は全員集合。
 昼、小猫たちが大きくなってきたので、昼抜きにすることにした。腹が減れば、常時置いてあるキャッツフードかお粥を食べればいいことである。
 夕方、「カオポート」が少々遅刻。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する