プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/07 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/07 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
あいついで、鶏、襲われる ; 「ビッグ」 ; 今日の食事 ; 猫たち
2017年10月01日 (日) 18:06 / 日記

 今朝5時35分、我が家の外気温は、21.7℃、曇り。
「チェンライ農業気象観測所」の今朝の最低気温は、22.8℃、昨日の最高気温は、30.9℃、雨2.0mm。
 昼前からやっと晴れてきた。蒸し暑い。
 午後からは、ほぼ快晴。



【あいついで、鶏、襲われる】

 チャムトーンの鶏、この1ヶ月ほどの間に子育て最中の親鳥ばかり3羽が何者かに襲われ所在不明になり、雛たちは親なし子になってしまった。
 1ヶ月ほどまえ、付加後4~50日経過した7羽の雛を育てていた親鳥が魘われた。門前に犬の乱れた足あちがあり、そのあたりに親鳥のものと思われる羽毛が散乱していたので、犬に魘われた可能性が高いのだが、死骸がないということは、もてあそばれたのではなく食べられてしまった可能性が高い。
 2羽目は、10日ほど前のことだが、生酥味などの焼却場所の中で長い間掛けて温めていた卵がやっと孵ったばかりの親鳥が、行方不明になった。
 そして、昨夜のこと、最初に親なし子になった雛と同じ頃に孵化した12羽の雛を唯の1羽も害なうことなく育て上げてきた肝っ玉母さんが行方不明になり、12羽が、親なし子になってしまった。
 あとの2羽も、形跡もなく消えているので、おそらく味をしめた犬の仕業なのだろうが、もしかすると「大蛇」の可能性もなくはない。いずれにしても子育て中の親鳥は、ひな鳥を抱えていて、木の枝に登って眠ることが出来ず、ひな鳥を見捨てて逃げ出すこともままならず、外敵に襲われ易いわけである。
 夕方、親鳥をなくした子猫たち、けなげに生きているのを見ると、「親はなくても子は育つ」とは言うものの、切ない気持ちになる。



【「ビッグ」】

 11時に起こされ、パンパース交換。その後、2時にも起こされ、敷き毛布をはずしてやった。4時、散歩。時間をかけてだが、10mくらいはヨチヨチ歩き。後肢の足の運びもやや回復。奇跡的というほどではないが、気を使って対処してやれば、まだいくらかは回復するのかもしれない。食欲が落ちないうちは、安心できそうである。
 パンパース無しの間に、泄らしてしまい汚れたので、夕方下半身だけ洗ってやった。



【今日の食事】

〈朝食〉
  ・ 肉まん餡まん各小2個 (メカム製)
  ・ 赤白米サンカヤ粽各1個分
  ・ コーヒー
〈間食〉
  ・ バナナ(ナムワー)3本

〈昼食〉
  ・ 焼きギョウザ20個ほど
  ・ 干イカのから揚げなど少々

〈夕食〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ 味噌汁 (わかめ、きのこ)
  ・ サイコロ・ステーキ
  ・ 炒め野菜 (エリンギ、コーン、じゃがいも)



【猫たち】

 今朝は、島組の4匹、全員がそろったとのこと。
 夕方、授乳中の親猫が戻らなかったとのこと。子猫たちを、どこか別の場所に引っ越してしまい所在不明のため心配である。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する