プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
「ルン・マー」の「火葬式」 ; 「プッキー」、戻る ; 今日の食事 ; 猫たち
2017年03月17日 (金) 17:50 / 日記

 今朝5時15分、我が家の外気温は、13.6℃、晴れ。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、14.6℃、昨日の最高気温は、36.8℃ 、雨 ナシ。
 「寒の戻り」。朝のうちは寒いくらいだったが、日中は、これまでのように暑くなった。



DSCN170317030.jpg
 
大木の向こう側に見えるのが、現在の「火葬場」
 手前が、20年ほど前まで使われていた「焼き場」

【「ルン・マー」の「火葬式」】

 寂しい「火葬式」だった。普通だと、少なくとも、300人くらいは火葬場まで出かけて行くのだが、その半分ほどしか列席しなかった。遠方からの親戚知人はいうに及ばず、近場の町村の有力者の出席もまったくない、30年ほど前の葬式を思い出させるような村内だけの内輪の葬式だった。それでも、「葬式保険」や村内の互助会からの支援もあって、当世風の賑賑しさだけは見られたが、名もない田舎の貧困家庭の老人の葬式というのは、こんなものなのだろうと思われた。小生の場合は、異国人ということもあって、似たようなことになりそうな気がする。
 昨夜の「お逮夜」の儀式でも、今日の「火葬場」の火葬式でも「バンスクン」という僧侶に対する僧衣献上の儀式に、何人かの列席者とともに指名された。本来なら、列席した名士の役割なのだが、小人数の葬式ということもあって、お鉢がまわってきたようである。

かみさん曰く、お葬式は小人数のほうが、出費が少なくて済むのでいい。自分のときもオトウサンのときもこれぐらいで十分とのこと。



【「プッキー」、戻る】

 娘たちの手伝いで行ったはずなのに、予定よりも早く今日飛行機で帰って来た。訳ありなんだろうと思うが、「ミック」は、娘たちのところにおいて帰っていたとのこと。



【今日の食事】

〈朝食〉
  ・ 肉まん3個
  ・ コーヒー (インスタント)

〈昼食〉
  ・ 葬式飯 (おこわ、ナムプリックオーン、チョーパッカート、鶏味付け蒸し煮)

〈夕食〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ 湯豆腐
  ・ 刺身 (ソーダ鰹醤油漬)



【猫たち】

 朝、「カオカム」だけが戻らなかったとのこと。「カーオ」、今朝は。島組と一緒だったとのこと。
 夕方も、「カオカム」だけが戻らなかったとのこと。「カーオ」の姿もなかったとのこと。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する