プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
王族の旗 ; バイク燃料漏れ ; 「サニー」、バッテリー ; 買い物 ; ひよこ、10羽 ; 今日の食事 ; 猫たち
2017年02月15日 (水) 18:31 / 日記

 今朝5時35分、我が家の外気温は、14.5℃、晴れ、薄霞。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、15.1℃、昨日の最高気温は、28.6℃ 、雨 ナシ。
 薄霞で、柔らかい日差し。シーズンなので、スモッグかも知れない。



タイ(前)国王旗
プミポン(前)国王旗  ( 写真は、NETより借用 ) 

【王族の旗】

 タイでは、曜日ごとに「曜日の色」が定められている。日曜日が「赤」で、その後、月(黄)、火(桃)、水(緑)、木(橙)、金(青)、土(紫)、といった工合である。各王族の旗もそのお生まれになった日の曜日に合わせた色の地に、中央にご自分の「ロゴ」を配した王族旗が定められている。国王、王妃のご生誕記念日前や、当県などに行啓がある場合には、学校や役所や道路端の要所には、王族旗に囲まれた肖像が飾られている。また大通りの中央分離帯には、100mおきくらいに、王族旗がえんえんと歓迎の風にはためいている。
 というのがこれまでの慣習だった。それが、新国王が即位されて以来(?)、何らかの理由によるのだろうが、なくなってしまい、100mおきくらいにタイ国旗が3本づつ立てられているだけになってしまった。今までであれば、王族のどなたが行啓されるのか、おおむね推測ができたのだが、タイ国旗だけでは、近々どなたがやってこられるのかわからなくなってしまった。
 今の時期、大学などの卒業式のシーズンで、タイでは卒業証書を、卒業生ひとりづつに、王族が手渡しする習慣があって、王族の中でも、紫旗のシリントーン王女は大変な忙しさで、今日の当県北部を走り回っておられるようだった。情報が流れてこなければタイ国旗だけでは、どなたがこられているのか、まったく見当もつかない。タイ国旗だけでは、王族と国民の距離が縁遠くなってしまうようではないかと心配である。
 ちなみに、前国王の旗の色は黄色、王妃の旗の色は青だった。新国王の旗の色も前国王と同じ黄色である。



【バイク燃料漏れ】

 かみさんのヤマハ・ミオ、またまた燃料漏れ。根本原因が解決されていないようで、一向にFIXしないようである。
 メカムのいつもの修理やに預ける。



【「サニー」、バッテリー】

 2ヵ月あまりも乗っていなかったため、「サニー」のバッテリーが、すっかり放電してしまった。家人たちに手伝ってもらい車を移動させて、ピックアップのバッテリーにつないでスタート。ふつうなら、すぐに始動できるのだが、うんともすんとも言わない。犬の朝食を済ますまでピックアップのエンジンをかけたままにしておいたが、やはりダメ。かみさんにピックアップのアクセルを思い切り踏んでふかしてもらってようやく起動した。
 その後、埃まみれになった車体を洗車し、かみさんたちを迎えに行きながら、充電を兼ねて、「フエカイ」まで買い物に。その間も、家に戻るまでずっとエンジンはかけっぱなしにしておいた。



【買い物】

フエカイの「Lotus」で。
 TC猫缶小6缶、114฿。(「大」はおいてなかった。)犬用スナック、21฿。
 割引14฿、あって、計、121バーツ。
 その後、かみさん、「フエカイ市場」で食材など買い物。

 かみさん、隣村の「水曜市」で、猫用の雑魚5キロ購入。「パ・ジソック」、キロ40฿だったとのこと。



【ひよこ、10羽】

 家の庭で放し飼いしている鶏のうち、孵化まもないひよこを子育てしていた親鳥が病死してしまった。チーチー泣いているひよこを放っておくこともできず、収容して鳥かごに。
 チャムトーへ行くと、今度は、孵化後1週間ほどの6羽のひよこを育てていた親鳥が、犬に襲われたらしくあたりに羽毛が散らばっているだけで姿かたちがない。残されていた5羽のひよこをバケツに入れて連れ帰り、朝の5羽と一緒に鳥かごへ。「親がなくても子は育つ」というほど簡単なものではないが、何とか1羽でも2羽でも育ってくれればと、かみさんの涙含ましい努力。この時期のひよこ、夜はまだ寒い。親鳥のお腹の下にもぐりこんで寒さをしのぐというわけには行かないわけで。
 「カアチャン、カアチャン」とピーピーと大声で泣きわめいていて、10羽が、お団子状態に固まっていたので、発砲スチロールの箱に「湯たんぽ」を入れて、寝かしつけてやったが、ようやく静かになった。「カアチャン」のぬくもりになったのかもしれない。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム(パ・ドーリー、半熟玉子、ショウガ千切り)
  ・ コーヒー (インスタント)

〈昼〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ 赤出し (インスタント)
  ・ 納豆 (ひきわり)
  ・ あじ開き
  ・ ほうれん草、おひたし
〈食後〉
  ・ 饅頭もどき1個
〈間食〉
  ・ モンキー・バナナ少々

〈夕〉
  ・ イェンタフォー(เย็นตาโฟ) : 「腐れ豆腐麺」、「腐れ豆腐(タオフージー)」抜きで。 



【猫たち】

 朝、全員集合とのこと。
 夕方も、全員そろったとのこと。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する