プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
家猫たち ; おが屑 ; タイの年金など ; 今日の食事 ; 猫たち
2017年01月27日 (金) 19:04 / 日記

 今朝5時10分、我が家の外気温は、13.5℃、まだら曇り。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、13.8℃、昨日の最高気温は、28.5℃、雨 ナシ。
 明るくなるにしたがって、どんよりとした本曇りになり、今日も寒くなるに違いないとおもったが、昼過ぎ頃から少しづつ日が差し始め、その後は晴れてきた。



【家猫たち】

 早朝、「チビ」、少しだけ食べたが、犬の朝食後が食べなかった。調子よくなさそう。
 「チビ」は、昼過ぎにも、やはり食べなかったので、注射器でグルコース・ミルク混合液を強制給餌。そのあと、解熱剤を投与。
 「チビ」、夕食後、焼魚を少しだけ食べた。まだ歯茎は痛むようだった。量が少なく、焼魚だけでは、栄養不足なので、グルコース・ミルク混合液を注射器で強制給餌。



【おが屑】

 猫のトイレ用のおが屑を引き取りに、メカムの材木やへ行く。今日は、姪の「ノイ」がお手伝いを連れて先に行っていて、20袋分は詰め終っていた。6袋追加で、合計26袋分もらってきた。代金、130฿。1か月分くらいにはなりそうである。



【タイの年金など】

 タイには、高齢者に対する年金制度がある。正式には、「生活手当」というのだそうだが、60代に月額600฿(2000円ほど)、70代が700฿、80代が800฿、90台には1000฿が、国庫から月々支給される。これでは、生活資金としてはかなり不足だということで、それぞれ月額100฿引き上げられることになりそうだとのこと。(「バンコク週報」報道)

 実は、「生活手当」という意味では、タイでは退職高齢者ばかりか、身障者に対しても、月額500฿が支給されているのだそうで、60才以上の高齢の身障者には、高齢者に対する「生活手当」に合わせて、「身障者」分が加算されて支給され手いるようである。

 先だってメカム川の土手にあった住居が丸焼けになってしまった「ロイ」だが、昨日から住居の小屋の新築が、始まり、我が家でも幾許かの寄付をしたらしい。今日中には大方の工事が終り、住めるようになるとのこと。こんどは、メカム川の土手ではなく、山のお寺近くの姉の畑の一角に立てているようである。今までのところは、一番近くの家からでも200m近く離れていることもあって、月々いただいている身障者用の「生活手当」がドロボウの被害にあうことが度々だったらしい。今度のところは、山のお寺からも姉の家からも100m足らずの距離で、いくらかは安心できる場所のようである。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム(パ・ドーリー、半熟玉子、万能ネギ、クンシャイ、ショウガ千切り)
  ・ コーヒー (インスタント)
〈間食〉
  ・ レイズン・ブレッド2枚 & ミルク

〈昼〉
  ・ 冷やし中華 (質量ともに満足)

〈夕〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ トムチュート (清汁、豆腐、ひき肉団子、白菜、春雨、中華海苔)
  ・ 鯵開き
  ・ 刺し身 (ソーダ鰹醤油漬け)



【猫たち】

 朝、「ミン」と「ブンタ」の相棒の姿がなかったとのこと。
 夕方、「ミン」と「ブンタ」の相棒が戻らなかった。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する