プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
「アヴォー」、逝く ; 上の池、魚 ; 後片付けなど ; 今日の食事 ; 猫たち
2016年12月31日 (土) 19:03 / 日記

 
DSCN161231001msg.jpg


 今朝5時30分、我が家の外気温は、10.6℃、晴れ。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、11.1℃、昨日の最高気温は、25.3℃、雨 ナシ。
 今朝も、今期の寒さの記録更新だった。昼前から雲が広がってきて、今日も最高気温は上がりそうもない。



【「アヴォー」、逝く】

 大晦日の寒い朝、「アヴォー」が逝った。4ヶ月ほどのはかない命だった。人の年齢に換算すると7歳くらい、可愛いさかりの女の子だった。
 今朝起き掛けにのぞいてみたら、ケージの中に姿が見えないと思ったが、ケージの中で「アヴォー」が、暴れているのを寝ていたかみさんが聞きつけ、よくなってきて元気が出てきたのかと思ったらしい。起きてから確認すると、トイレの陰で、息断えていたとのこと。今しがたのことだったようである。暴れたのは、最後のあがきだったにちがいない。悔しいけれども、「アヴォー」もこれ以上苦しむことはなくなったわけで、これでよかったのかもしれないと思うことにした。これまでの犬猫とは異なり、「カアちゃん」の生活しているチェンライの方角に頭を向けて埋めてやった。
 ほかにも、まだ風邪の抜けきっていない猫が、「サリー」、「チョウク」はじめ、何匹もいるが、今のところ命にかかわることはなさそうである。ただ、1階猫にも感染しはじめ、「チビ」の症状は少し重くなってきた。1階猫は、全てワクチン接種済みなので、幾らかは軽くて済みそうな気がしているが。

 朝、「チョウク」が、ほんの二口三口だが、数日振りで焼魚などに口をつけたとのこと。わずかづつだが、回復してきているということのようである。「アヴォー」の次に心配していただけに、嬉しいことである。



【上の池、魚】

 「パ・ニン」の多くが、春先に死んでしまったようで、「パ・ニン」は売るほどは捕れなかった。「パ・ナイ(鯉)」がほとんどだったようだが、それでも、昨日だけで4500฿、今日の分をくわえると5000฿を越したとのこと。なんとか間とか、餌代程度にはなったが、稚魚代の分までは埋め合わせできなかった。猫と人間が食べ多分を勘案すれば、なんとかトントンくらいにはなったのかもしれないが。
 今回は、市場には売りに行かずに、近くの店に看板をださせてもらって、池の端で、生簀のまま売ったようだった。買い手は、集落内、村内のほか、「シーパンライ」や近くに住居のある「ムスー(ラフ族)」などの山岳民族だったとのこと。「山の民」も豊かになってきたものだと思う。



kanomsen.jpg
 「カノム・セン(カノム・チン)」 (写真は、NETより拝借したものを編集)

【後片付けなど】

 チャムトーンの魚とりのあとの「宴会」の後始末。鍋、皿粗いなどは、朝のうちに完了。昼食は、死んで売り物にならなくなった「パ・ブー」などを使った「カノム・セン(ขนมเส้น : 北タイの米粉のそうめん料理)」。晴れの食事で、宴会の続きのようなものである。今回は、婿殿が腕をふるった料理だそうである。

 今日は、昼から、「大晦日の宴会」。
 かみさんたちは、深夜11時からの「年送りの法要」に参加するために、山のお寺におまいりするつもりらしい。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ 肉まん3個
  ・ CPカイチョウ7個 (うち1個は、猫が食べた)
  ・ コーヒー (インスタント)
〈間食〉
  ・ レイズンブレッド小3枚 & ミルク

〈昼〉
  ・ カノムセン(米粉そうめん料理)

〈夕〉
  ・ 赤米ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ 竹の子汁 (鯖)
  ・ 洗い (パ・ニン)



【猫たち】

 朝、「カオカム」、「ミン」、兄弟のいない「ユング」の名無しの子猫、それに「ブンタ」の相棒が戻らなかったとのこと。
 夕方は、「ミン」と、兄弟のいない「ユング」の名無しの子猫、それに「ブンタ」の相棒が戻らなかったとのこと。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント
よいお年お迎えください。
辛いお別れでしたね。
来年はたくさんの幸せが鈴木家に訪れる事をお祈りしています。

[2016/12/31 21:09] URL | 黒姫の小林 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する