プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
今度は、「チャーイェン」が ; 放尿 ; 「チウ」 ; 新入り子猫 ; 今日の食事 ; 猫たち
2016年12月07日 (水) 17:57 / 日記

 今朝5時25分、我が家の外気温は、12.3℃、快晴。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、15.1℃、昨日の最高気温は、27.7℃、雨 ナシ。
 朝から快晴。またいっそう寒くなってきた。そろそろ犬たちのために焚き火をしてやらないととは思うが、腰痛のため、薪の調達もままならず。
 明日から、さらに寒さが増す予報が出ている。

2016-12-07_TopChart_07.jpg
(2016 / 12/07 / 07:00) 「タイ気象局天気図」 より




【今度は、「チャーイェン」が】

 今朝チャムトーンに行くと、下の池のほとりの小屋の中で「チャーイェン」が殺されているのが見つかった。これで、この半月ほどの間に、母親の「ピン」と過日避妊手術をしてもらったオスの子猫3匹が犠牲になったわけである。いくらなんでも無策、なりゆきまかせで見過ごすことはできないので、「クイタム」に依頼して、「農薬」を仕掛けて殺すことにした。5~6匹のギャング犬すべてを駆除することはできないにしても、ボス犬を処分できれば、やってこなくなる可能性はある。
 本当のところは、飼い主である「洞窟の寺」に責任があるのだが、十分な餌を与えていないため、山のお寺を抜け出して500mも下の我が家の付近までやってきているので、犬たちを責めるのは気がひけるのこともないわけではないが、このままだと、年明けころまでには我が家の小屋猫がいなくなってしまうことも考えられないことではない。
 「チャーイェン」は、兄弟猫たちのそばに埋めてやった。



【放尿】

 飼い猫が、飼い主に向かって放尿するということは、どういう意味があるのか。以前にも、枕元で、「チビ」、「キリ」にやられたことがあるが、今朝は、パソコンの前に座っている間に、「タマ」に思いっきりやられ、よけるまもなく、ズボン、シャツにかけられてしまった。
 ストレス?縄張り?、何れも今さらという感じで、該当しないような気がする。メス猫だが、しばらく発情していないので、またはじまるのかもしれないが。嬉しいような悲しいような。



DSCN0080ss.jpg
命拾いした「チウ」
【「チウ」】

 食べすぎなのか下痢気味らしい。
 戯(じゃ)れるようになった。ほぼ完治といっていいかも。



【新入り子猫】

 朝、7時過ぎ、1回目の給餌。9時半、2回目の給餌とトイレの砂交換。
 12時過ぎ、3回目の給餌。
 4時半、4回目の給餌とトイレの砂交換。
 6時過ぎ、5回目の給餌。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ ハンバーグ2個
  ・ コーヒー (インスタント)
〈間食〉
  ・ レイズン・ブレッド2枚 & オレンジ・ジュース

〈昼〉
  ・ 冷やし中華 (わかめ、カニカマ、金糸玉子、ウィンナ、キュウリ)
〈間食〉
  ・ レイズン・ブレッド2枚 & ミルク

〈夕〉
  ・ 赤米ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ 味噌汁 (わかめ、ねぎ、揚げ)
  ・ オオカマス塩焼き
  ・ 野菜炒め (苦瓜、ひき肉)



【猫たち】

 今朝も夕方も、「ミン」が戻らなかった。小屋組の6匹は無事。



*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する