プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
遠戚の葬式 ; 剪定 ; 新入り子猫 ; 今日の食事 ; 猫たち
2016年11月17日 (木) 18:03 / 日記

 今朝5時30分、我が家の外気温は、19.0℃、晴れ。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、19.8℃、昨日の最高気温は、31.1℃、雨 ナシ。
 今朝も、7時前からモヤ。8時前ころからは、我が家のあたりもすっかりモヤの中。10時前ころからは、雲は多いものの晴れ上がってきた。



【遠戚の葬式】

 今朝、義父と付き添いの義姉の連れ合い「クイタム」が、当県の南に隣接するパヤオ県の北の端の「メチャイ」の葬儀に出かけて行った。亡くなったのは、義父の母親の末(?)の妹だそうで、年のころは義父と同世代とか。わが村の住民の多くが、「メチャイ」とか、県の南部の「パーン」に親戚をもっている。凡そ100年ほど前に、「ランプーン」とか「ランパーン」から北を目指して移住してきた先祖が、いったん住み着いたのが、「パヤオ県」の北の端から「チェンライ県」の南の端あたりだったようである。その後、移住者たちの身内の多くは、土地にゆとりのありそうな、さらに北をめざして移動して来たようで、最後に住み着いたのが、我が家のあたりだったようである。「パヤオ県」、「チェンライ県」には、「ランパーン」、「ランプーン」に、出自の家系が非常に多い。ただ、さらに遠くさかのぼれば、「雲南省」の「シーサンパンナー」や「ミャンマー」の北東部に住んでいた民族のよようである。
 亡くなった女性は、末子だったために、「メチャイ」の地で、民族の習慣にならって、両親と同居して、一生を終えたものと思われる。何人かいた兄弟姉妹たちは、メチャン郡など北に向かって新天地に移住して行ったようである。
 義父の父親は、「ランパーン」経由で、隣村「メカム・ソップーン村」に移住してきたものの子弟である。



【剪定】

 庭の「ブーゲンビリア」8株の徒長枝を剪定した。
 切り落とした枝の片付けは後日。



【新入り子猫】

 朝、5時半過ぎ、1回目の給餌。7時過ぎ。2回目とトイレの砂交換。
 9時半ころ、3回目の給餌。
 「アップン」が、なんとなくビッコを引いているように見えたが、元気はいいようである。元気良すぎて、ちょっとくじいたのかもしれない。
 夕方6時過ぎ、成猫たちの夕食に合わせて4回目の給餌。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ cpram肉まん野菜ミックス小5個
  ・ コーヒー (インスタント)
〈間食〉
  ・ 餡パン(さといも餡)小2個

〈昼〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ 味噌汁 (そうめん)
  ・ 鯵開き
  ・ 出し巻き(のつもり)

〈夕〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯。
  ・ 味噌汁 (わかめ、揚げ)
  ・ イケガツオ醤油漬
  ・ シャケ大根



【猫たち】

 朝、「カオカム」は戻ってきたが、「ミン」は戻らなかったとのこと。「カーオ」が戻ってきたのは、昨日の朝だけだった。
 夕方、島組で戻ってきたのは、茶トラの「ユング」とその子猫2匹だけで、「カオカム」、「ミン」、「イノイ」の3匹の灰トラは、戻らなかったとのこと。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する