プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
若猫が死んだ ; 「トート・カティン」 ; 新入り子猫 ; 今日の食事 ; 猫たち
2016年11月06日 (日) 17:50 / 日記

 今朝5時30分、我が家の外気温は、17.9℃、晴れ。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、19.4℃、昨日の最高気温は、30.4℃、雨 ナシ。
 日の出ころから、暗い曇り空。なんとなく雨になりそうな感じ。
 昼前ころから薄日がさしてきていくらか気温もあがってきたようだが、日中の肌寒さはあまり解消されなかった。
 昼過ぎころからは、ほぼ快晴で、暑さが戻ってきた。



【若猫が死んだ】

 昨日の夕方近く、チャムトーンの小屋猫の茶トラの若猫が1匹死んだ。門前の道路わきの「マカムテート」の木の近くで、血まみれになって死んでいるのを、従弟の「ター」が畑帰りに見つけ、門の近くに移動させておいたとのこと。「カティン」の会場でかみさんに報告してくれたとのこと。車にはねられたらしい。生後すぐからずっと小屋の中だけの生活をしてきたのだが、半月ほど前から外に出すようになり、外の怖さを知らなかったのが原因にちがいない。気の毒なことをした。死んだ若猫の近くに、白と茶トラの猫が寄り添っていたらしい。悲しい。まだ生後9ヶ月になっていないオス猫で、すでに避妊手術は済ませてあった。
 朝、行って確認したが、右耳周囲と右前脚に血がついていたが、そのほかは、きれいなからだをしていたのが救いだった。ひょっとすると、名を呼ぶと寄ってきて甘えるほど馴れている「カオポート」か「ポーン」が死んだのではないかと心配していたが、そうではなく、死んでしまった若猫には申し訳ないが、正直いくらかはホッとした。
 死んでいた場所の近くに埋めてやった。
 これで、小屋組は、「ブンタ」の相棒を含めても10匹になってしまった。



【「トート・カティン」】

 正式な「トートカティン」の儀式は、今朝の行事だったが、白衣の衣装もなく、出席はしなかった。

 主催者の賓客は、大層なお金持ちとのことだそうで、各戸あて、5キロづつのもち米を無償配布したらしい。メチャン農協で調達したものらしいが、米価低落の折から、農協でも在庫米がいくらかでもはけて助かったにちがいない。
 今日のお布施を集計したところ、331万バーツあまりだったとのこと。1回の催事でのお布施としては、山のお寺始まって以来だったらしい。単純に本日の為替レートで換算すると、日本円で、997万円ほどだが、タイの北の果ての片田舎の経済感覚からすると「億」である。それにしてもあるところにはあるもので、今度の「カティン」の主催者は、これで今期三度目だそうである。



【新入り子猫など】

 「チョーク」、昨夜は熱を出して具合悪かったとのこと。「抗生剤」を飲ませたところ、程なくして、熱が下がったのか、布団の外に出たらしい。
 「新入り」たち、朝6時前、1回目の給餌。ほんの少しだが、ミルクを混ぜると食いがいい。
 朝食後、「チョーク」と「シーグン」に「抗生剤」をのませておいた。
 7時過ぎ、2回目の給餌とトイレ交換。11時過ぎ、3回目の給餌。よくもこれほど続くものだと思うほど、ジャレあっている。休む間なんてほとんどない。

 6時前、成猫たちの夕食時に、4回目の給餌とトイレ交換。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム(パ・ドーリー、半熟玉子)
  ・ コーヒー (インスタント)

〈昼〉
  ・ 鉄火丼風 (イケガツオの醤油漬)
  ・ インスタントスープ (玉子、野菜ミックス)

〈夕〉
  ・ 鉄火丼風 (イケガツオの醤油漬;美味しいので毎回でも結構)
  ・ インスタントスープ (わかめ、玉子)



【猫たち】

 朝、「カオカム」が戻らなかったとのこと。若猫が1匹死んだので、小屋組は今日から9匹プラス1匹となった。
 夕方も、「カオカム」は戻らなかったとのこと。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

新入り子猫かと思いましたが…。
どちらにせよ、せつないことですね。
我が家の拾われ猫、親兄弟との突然の別れを経験して、可哀想な奴と思って接していましたが 、実は幸せなのかなと思いました。
それについては当猫はなんとも言いませんが…。
今では家の主といった風格です。
[2016/11/06 20:49] URL | 黒姫の小林 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
黒姫の小林さん
お元気そうで何よりです。
山の猫たちにとってもかなりのショックだったようで、昨日の朝以来、門の外にまで出かける猫がいなくなりました。 まあ、そのうち、忘れてまた出かけることになるのでしょうが。「運命」と思って、忘れることに。
 数ヶ所に分散しているとはいえ、全部で40匹近い猫で、面倒見るのも、大仕事です。バカ名ことですね。
[2016/11/07 17:59] URL |  K.Suzuki ( 2016/04 ) #ytdwS45Y [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する