プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
きのこの季節 ; 「ウンアーン」 ; 「原爆」 ; 義父 ; 今日の食事 ; 猫たち
2016年05月28日 (土) 18:15 / 日記

 今朝5時10分、我が家の外気温は、21.2℃、晴れ。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、24.2℃、昨日の最高気温は、32.8℃、雨 Trace。
 東の空、真っ赤な朝焼け。
 強い日差しが、昼ころまで続き、暑い日が戻ってきた。



img_(A1400)_2800.jpg
 
「きのこ」の季節;「ヤブレベニタケ」など

【きのこの季節】

 今朝かみさん、今期はじめての雑きのこの収穫をした。今のところほとんどが「ヤブレベニタケ」のなかまのきのこである。
 毒々しい色をしたこの「きのこ」は、日本では、ごく一部の地方でしか食用には供されないきのこで、特別美味しいというわけでもないが、沢山採れるので食材としては便利なものである。



UnArn-Kaloula pulchra
 
「ウンアーン(実物のほぼ2倍)」 (写真は、Netから拝借)

【「ウンアーン」】

 この数年我が家では鳴き声が聞こえなくなっていた「カエル」で、その鳴き声から「ウンアーン(อึ่งออ่าง)」と呼ばれている。「アジアジモグリガエル(Kaloula pulchra Gray)」という、日中は土の中にもぐって生活している「アマガエル」のような「カエル」である。体長は5cmそこそこ、せいぜい「マッチ箱」の大きさなのに、雨もようの夜に「ウーン、アーン」と、「弁当箱」くらいはありそうに思われる大声で鳴く声は、まさに圧巻で、1km近くはなれたところで鳴く声も聞こえてくるくらいである。「トットー(オオヤモリ)」を「カッコー」と誤解したのと同じようなもので、「食用ガエル」のなかまのカエルかと思ったが、そうではなかった。ただ、食用にすると美味しいらしく、案外簡単に捕まえることができるので、このところめっきり数が減っていて、我が家の近辺では「絶滅危惧種」だった。それが戻ってきたのである。もっとも数の多い種類のカエルということもあって、繁殖力は旺盛なのだろうとは思うが。チャムトーンの養魚池にも近所の「狩人」が入るのを禁止したりして、それとなく「保護」してきた甲斐があったというものである。庭の水槽でもオタマジャクシが育っているようで、なんとなく嬉しい思いをしている。



【「原爆」】

 日本は、唯一無二の「原爆」被災国である。昨日、米国の現職大統領が始めて原爆の地広島を訪れ、「非核声明」を発表した。画期的なことであろうと思う。
 もう半世紀以上昔のことだが、大学の寮に住みはじめて「木村一朗さん」という、長崎の被爆者と親しくなった。「xx西高」というのは、全国的には女学校が多いんだよねなどとお互いの出身校のことを話し合ったことが記憶に残っている。その後も、何かと教えていただくことが多かったが。「柴又の寅さん」をしったのも、彼からである。卒業後も、時たまお付き合いさせていただいたが、「原爆」のことは大変気にしておられ、何時「後遺症」が発病してもおかしくないといっておられたが、わが身には経験のないことで、安易に同情することもできず、お会いするときはいつも心苦しい思いをしたものである。同年なのだが、今もお元気にしておられるだろうか気になっている。

 その後、大学を卒業後のことだが、広島に数年勤務したことがあった。勤め先の同僚に「二神かおるさん」という、広島大学で助手をしておられた女性が入社してきた。彼女も被爆者で、そんなこともあってか、その後もずっと独身を通しておられたようである。広島の会社がなくなったあと、県内の大学で教授にまでなられた才媛である。やはり、同年の方で、今もお元気でおられるだろうか。気になっている。

 「オバマ大統領」の広島訪問で、少し親しくさせていただいた、ふたりの被爆者のことを思い出したので、書き留めておくことに。

『オバマ大統領の声明全文』 を参考に。「全文」は、削除されることもあるかもしれないので。今日の日付で、PC内に保存しておいた。



【義父】

 昨夜は、義弟たちが付き添いをしたらしい。今日は、姪が付き添うことに。
 もう死期が近いと泣き言を行っているようである。点滴をしているのだが、疲れるとのことで、小の方は尿瓶を使っている。たびたび入院したとはいえ、今までにはなかったことで、弱気になっていることは確かなようである。むくみも完全にはとれないようだし、食べれば吐く状態で、確かにそう長くはないのかもしれない。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム(剥き身魚、半熟玉子、万能ネギ、クンシャイ、ショウガ千切り)
  ・ パトンコー2個
  ・ コーヒー

〈昼〉
  ・ ぶっ掛け飯 (カナームーコープ;ドイカムの並びで外食)

〈夕〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ 竹の子汁煮 (豚骨出汁)
  ・ サシミ(ソーダ鰹醤油漬け)
  ・ 蒸しきのこ・ポン酢



【猫たち】

 朝、「カーオ」を除いて全員集合とのこと。
 夕方、「カオカム」、「カーオ」、それに「ブンタ」の相棒が戻らなかったとのこと。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する