プロフィール

 K.Suzuki  ( 2016/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2016/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
『安曇野便り』 ; 首吊り自殺 ; 車検など ; 潅水 ; 「マイク」など ; 今日の食事 ; 猫たち
2016年04月18日 (月) 18:00 / 日記

 今朝5時10分、我が家の外気温は、21.3℃、もや。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、21.6℃、昨日の最高気温は、38.7℃、雨 ナシ。
 今日も、「煙霧指数(AQI)」は、200近くまで上がったようだった。



P1030-0102.jpg
 
上:安曇野からの北アルプスの春の雪景色
下:安曇野も桜が満開  (ともに小林さん撮影)

【『安曇野便り』】

 帰国中の小林さんより「安曇野」の春の便りが送られてきた。今が春真っ盛りのようで、日照り酷暑のチェンライにいて、羨ましい限りである。



【首吊り自殺】

 今朝早く広報スピーカーで自殺者が出たことが報じられた。本村の40才過ぎの男性が、家の裏の木で首吊り自殺をしたのが見つかったとのこと。
 実はこの男性、我が家にもたびたび出入りしていた女性とつい1ヶ月前に再婚同士でささやかながらも結婚披露宴をあげたばかりの男性である。酒の上で夫婦喧嘩をし、本村にある実家へ逃げ帰っていたとのこと。女性の方は、かなりの男勝りで、イサーン出身の甲斐性なしの前夫を追い出したばかりだった。新年早々、なんともやるせない話である。
 「首吊り」、自殺方法では、農薬服毒と並んで、1、2である。



【車検など】

 娘たちのピックアップ、2012年の4月に月賦で購入したものだが、購入時以来、一度も車検をしてなく、当然車両税、強制保険などの支払いもしてないらしい。当初収入も不安定で、月賦の支払いも滞ることがたびたびで、車の所在を突き止められると車を没収されるのではないかとの危惧もあって、お役所の門を避けて来たらしい。
 何とかならないかと、我々がいきつけにしている民間車検場にいったが、すでに登録抹消されていて、再登録するには割賦会社の銀行が保管している「自動車登録証」が手元になければ不可能だということ。結局、支払い残金を貸与して一括繰上げ返済して「自動車登録証」を取得し、復活登録することに。我々も、18万バーツもの金を寝かせて置くほど裕福ではないが、この所の娘たちの事業実績を考慮して、あるとき払いの催促なしで貸してやることに。車は、娘たちにとっては、商い場所をあちこち走り回る商売道具なわけで、万一のことがあってはという配慮もあってのこと。
 かみさんが、「貯蓄銀行」に行き、チェンライ市内の月賦金融機関で一括返済を済まし、その足で「陸運局」に行って、車の再登録ということに。小生が同行しなくても何とかなりそうなので、小生は留守番。
 それにしても、契約上の約束とはいえ、随分あこぎな違約金を徴収される契約になっているのには惘れてしまう。車の月賦だけを商売にしている金融機関が、雨後の竹の子のように設立されている理由がよくわかった。
 あこぎな取立てに対処するために、政府が「棄捐令(きえんれい)」というか「徳政令」を考える理由がよくわかるが、実現は難しそうである。それでも、比較的小額に限られて入るが、無利子の融資をして借金の立替をさせようという政策は実施されているようである。
 銀行に行って、残金一括返済の手続きをして登録書類など引き取ったのだが、2週間の猶予期間が必要だと言われ、「陸運局」での登録は、後日ということに。ただ、書類が具備しているので、乗って歩くのはかまわないらしく、いったんバンコクに戻り商売の区切り目に戻ってきて再登録の手続きを剃ることになった。

 娘たちが、中古でピックアップを買ったときの条件など、詳細記事が、2012年04月26日の日記 に掲載してある。



【潅水】

 家人たちが出払っている間にと、母屋のまわりの花壇、水槽などに潅水。



【「マイク」など】

 「マイク」、昨夜は幾らか持ち直しているようだった。10時ころ、12時半、3時過ぎにそれぞれ起きて見に行き、パンパースも夜中に2度交換し、寝返り、マッサージなどもして付き合った。

 「ロン」が歩けなくなった。2004年2月の写真が残っているので2003年生まれにちがいなく、すでに12~3才。「マイク」たちとほとんど変わらない。数日前から、ダイニングのタイルの床で滑って立ち上がれず、後肢がよたよたする「マイク」の初期と同じ症状が出ていた。「マイク」のときと異なるのは、食欲が全くなくなってしまったことで、もしかすると「マイク」より先に逝くことになるかもしれない。食べないということは致命傷である。ほんの僅か食塩を混ぜたグルコース液を注射器で飲ませたが、少しばかりしか受け付けない。「マイク」が、歩けなくなって8ヶ月近く生き延びてきたのは、初期のころ、他の犬の残りまで食べるほど食欲旺盛だったのが幸いしたにちがいない。
 それでも、昨夜のグルコースが功を奏したのか、今朝はダンボールの上でお漏らしをしていた。胃腸はまだいくらかは機能しているようなので、「マイク」と同じものを注射器で、無理やり押し込んでやった。元気をとりもどしてくれればいいのだが。「マイク」と同じようにパンパースをはかせてやった。臭うので水浴びの必要もありそうである。
 「ロン」は下痢をしていた。かなりシツコイ下痢のようで、しばらく胃腸が落ちつくまではグルコース以外は、やめておいた方がいいかもしれない。
 「ロン」は水浴び。水浴び後も下痢で尻が汚れてハエを呼び寄せていた。厄介なことである。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ パトンコー2個
  ・ ゆで玉子 (アヒル)白身1個分
  ・ コーヒー(購入品)

〈昼〉
  ・ スパゲッティ (いわしトマト煮)

〈夕〉
  ・ カオマンカイ
  ・ 冬瓜スープ



【猫たち】

 朝、「カオポート」のほか、「カオカム」、「尾長」、「尾曲」、それに「ブンタ」の相棒が戻らなかったとのこと。
 夕方も、「カオポート」のほか、「尾長」、「尾曲」、それに「ブンタ」の相棒が戻らなかったとのこと。「アキ」は、食欲がないようだった。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する