プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
「マカムテート」 ; 電気料金 ; 「マイク」など ; 今日の食事 ; 猫たち
2016年04月17日 (日) 18:32 / 日記

 今朝6時00分、我が家の外気温は、19.2℃、もや。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、20.5℃、昨日の最高気温は、38.7℃、雨 ナシ。
 



【熊本大震災】

 甚大な被害状況の33枚の写真が、以下の「Bankok Post」のWEBサイトで見られます。
www.bangkokpost.com/photo/photo/935553/photo-gallery-japan-earthquakes



DSCN0234ss.jpg
 
「マカムテート(キンキジュ: Pithecellobium dulce )」の初成り

【「マカムテート」】

 5年前、娘の好物だからというので、かみさんが市場で買ってきた「キンキジュ( Pithecellobium dulce )」の実を蒔いて育成したものを、チャムトーンの公用地に植えた。20年あまり前に庭に植えてよく育ったのだが、旧分類の「ハリエンジュ科」に相応しくトゲだらけの木で、疎まれて切り倒されてしまったために屋敷外に植えたものである。3本植えたのだが、砂地で育ちがよくないこともあるが、そのうちの2本は、何度も草刈り時に刈り払われてしまい、生き延びるだけで精一杯だったが、成長が早かった1本は、幸いにも今年花が付き実がなった。今朝方、かみさんが、長い竹ざおを用意して収穫してきたものが写真のものである。砂地で雨不足ということもあって、瑞々しさは掛けるが、その代わり甘みは、淡白な味の「マカムテート」としては破格の甘さがあった。来年は、天候に恵まれて普通の「マカムテート」になってくれればと思うが。
 残りの2本にも花が付いてくれることを願うのだが、そのうちの1本は、近くの立ち枯れの大木を、ショベルカーで処分しているときに下敷きになって根元から折れてしまい、生き延びることができるかさえあやしいので、期待できないかもしれない。



【電気料金】

 チャムトーンの電気の検針が来た。通常は規定し容量以下なので無料なのだが、灌漑用水からポンプで汲み上げられるようになって、まだ魚の取り込みをしていない上の池が干上がらないようにと、毎日のように少量だがポンプを動かしてきたため規定の使用量を突破してしまった。279バーツだそうである。上の池に汲み上げるついでに、細い配管で雨水タンクにも汲み上げていて、細菌ではこの水で猫のトイレや食器なども洗っている。また「雨季」がはじまり、井戸水を汲み上げられるようになれば無料に戻るにちがいないが、この分だと5月も多分支払うことになりそうである。



【「マイク」など】

 昨夜は、夜食のあと、ビタミン剤(BCコンプレックス)を呑ませた。効果があったのか、4時近くまで「爆睡」させてもらった。長時間催促がないので心配になり見に行ったが、ほとんど息遣いが感じられず眠っている様子だったので邪魔してもと思い床に戻った。4時過ぎて元気そうな催促があり、起きてグルコース液を飲ませ、パンパース交換。マッサージなどしてしばらく付き合って、微風が冷たそうなので掛け布団代わりのぼろきれを掛けてやる。その後、5時前に床に戻り「二度寝」。今朝も「二度寝」症状で眠かった。
朝食、玉子の黄身入りの裏ごし流動食。食べてしばらくして吐いた。危なくなってきたのかもしれない。
 午後2時ころから、力のない声で催促しているようだったので、見に行き、パンパース交換を兼ねて水浴びをする。極端に反応が鈍くなり、今日明日が山場といった感じ。親指の先3個分ほどの宿便も出たし、どうやら旅立ちの準備完了のようである。ひどくなってきた右肩の褥瘡(とこずれ)の手当てをし、ガーゼと絆創膏でいくらかでも痛みを減らすように処置してやった。
 もう、「出口」が見えてきた今になって、「マイク」が行ってしまった後の「ウツロ」が、さぞつらいだろうなと余計なことを考えている。もう、8ヶ月も頑張ってきたわけで、これ以上頑張れともいえないし、この「苦痛」が続くこともかわいそうで、ひきとめる気分にはなれない。命と命の関係、すべての組み合わせで、同じようなことがいえるのかもしれないが、ゆっくりゆっくり、目の前を行き過ぎていかれるのは、どうしようもなく耐えがたいものである。筆舌を尽くしがたいとはこんなときのためにある表現ではないかとさえ思われる。
 夕方、もう呑み込めないかと思ったが、それでも、玉子の黄身入りの流動食を、30CCほどと真水を20CCほど飲ませた。テーブルの上にあったオレンジジュースをスプーン半分、食塩を耳かき2杯分くらい混ぜてやった。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム・パー(娘の手つくり)
  ・ コーヒー(購入品)

〈昼〉
  ・ クイティオ・ヌア・トゥン (牛肉を時間を掛けて煮たものを納れたクイティオ)
    娘婿の手料理。タイ風牛肉麺といったところか。結構でした。

〈夕〉
  ・ クイティオ(昼の続き?)



【猫たち】

 朝、「カオポート」、「カオカム」、「尾長」、「尾曲」、それに「ブンタ」の相棒が戻らなかったとのこと。「アキ」は、食欲も細いのだが、なかなか肉付きがよくなって来ないのは、寄生虫がいるのかもしれない。駆虫薬を飲ませなくては。
 トイレ用の砂、台車5台分運ぶ。トイレ容器をより大きなものに換えて、しかも3個に増やしたので砂の消費が早くなった。9匹が大きくなるに従がって何かと大変になってくるのだが、何とかしなければ。何匹かを家のほうに引き取り、あとは放し飼いにするしかないかも知れない。いい養子の口が見つかれば良いが、安心して任せられるところがないので・・・。
 夕方も、朝と同じで、「カオポート」、「カオカム」、「尾長」、「尾曲」、それに「ブンタ」の相棒が戻らなかったとのこと。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する