プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
水槽の水換え ; 郡役所へ ; 「サンプラプーム」 ; 「マイク」など ; 今日の食事 ; 猫たち
2016年03月30日 (水) 18:05 / 日記

 今朝5時40分、我が家の外気温は、16.6℃、靄?。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、17.7℃、昨日の最高気温は、34.4℃、雨 ナシ。
 もうすぐ4月、1年中で一番暑くなる季節で、日本風に言えば「盛夏」というのに、朝の気温が16℃台。「寒の戻り」なのだろうが、外は肌寒い風が吹いている。



【水槽の水換え】

 かみさん、義姉、それにチャッキー夫婦にも手を貸してもらって、「グッピー」の入っている3つの水槽すべての水交換をした。幸い、今のところ、我が家の掘りぬき井戸は水涸れしていないので、何とか終えることができた。
 玄関脇きの水槽は、日中日がさしはじめたので、軒下に移動した。これで、少なくとも、秋のお彼岸ころまでは軒下ということに。庭の水槽は移動できないので、これからの日中は「日傘」で、日陰を作ってやることになる。日傘がないと、「煮え湯」というほどでもないが、かなり熱くなって、「グッピー」は死ぬものが続出することになる。



【郡役所へ】

 「チャッキー」の「身分証」などの件で、メチャン郡役所へ。
 母親が「住民登録証」を持参して同道しなければ、「チャッキー」の身分証の復活は出来ないらしいが、母親がまだ都合が付かないのか、帰省して来ないので、まだしばらく先のことになりそうである。



【「サンプラプーム」】

 先日注文しておいた「サンプラプーム(土地神の祠)」を引き取りに。コンクリート製で重いものなので、「チャッキー」夫婦にも同行してもらった。
 明日が「日がいい」ということで、明日「祠」を設置することに。

 「祠」に用意する象、馬、踊り子などの人形や花輪などを買い揃えるのを忘れて、いったん家に引き返して「祠」をおろしたあと再度「フエカイ」の「神仏用品店」まで、出かけてひと揃い購入。
 ついでに「サンコン市場」に寄って夕食の食材など購入。義姉も堂々して食材など支っていたようだった。



【「マイク」など】

 10時に目が覚め、見に行く。その後12時ちょうどにも起きて行き、パンパース交換したあと、愚図るので1時間近くお付き合い。部屋に戻って様子を見るために、30分ほどパソコン。さらに明け方近く4時を回ったころにも催促があって見に行き、寝返りをさせる。このときは意外に早くおとなしくなって、6時を回った現在も、おとなしくしているようである。「ボビー」の下痢は、前の日1日だけで、止まったようだった。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム(タイ粥: シャケフレーク、半熟卵、ネギ、クンシャイ、ショウガ千切り)
  ・ パトンコー1個
  ・ 野菜サラダ (キャベツ、ニンジン、トマト、地這キュウリ、QPゴマドレ)
  ・ 自家製・コーヒー

〈昼〉
  ・ お好み焼き

〈夕〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ しじみ汁
  ・ はらす塩焼き (コシナガマグロ)
  ・ 野菜炒め (牛肉、パプリカ、玉ねぎ)
         かみさんが、鼻をつまんで買った牛肉



【猫たち】

 朝、「カオポート」と「尾長」、それに「ブンタ」の相棒が戻らなかったとのこと。「アキ」は戻ってきた。
 避妊手術をした9匹の子猫の父親が、母親の1匹「ピン」に追い出されそうになっている。かわいそうだが、今のところ、いい対処の方法が見つからない。小屋の外に出して「別居」させるしかないかもしれない。猫の世界、女性上位のようである。
 夕方も、朝と同じで、「カオポート」と「尾長」、それに「ブンタ」の相棒が戻らなかったとのこと。
 9匹の子猫たちは、生後5週間になり、すっかり大きくなって、よく食べよく遊ぶようになった。部屋猫の「チビ」が我が家にやってきたのもこれくらいの大きさの時だった。このころに親を失くすと、後々まで性格などに影響が残るようである。「チビ」は、やはり少し性格にひねくれたところができてしまったようである。「トラウマ」というのだろうか。
 母性愛の強い「ピン」は、子供たちが大きくなってきて目の届かないところでも遊ぶようになり、少々ノイローゼ気味で、「ポン」に八つ当たりしているフシがある。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する