プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
「プッキー」たち、帰宅 ; 町長の葬儀 ; 義父 ; 買い物 ; 渇水 ; 「マイク」など ; 今日の食事 ; 猫たち
2016年03月24日 (木) 18:22 / 日記

 今朝5時35分、我が家の外気温は、16.8℃、うす曇り。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、19.4℃、昨日の最高気温は、37.2℃、雨 ナシ。
 小さな「寒の戻り」で、冷んやり。



【「プッキー」たち、帰宅】

 「ミック」をつれて帰るために、遊山を兼ねてバンコクへ行っていた「プッキー」たちが、早朝到着の夜行バスで帰ってきた。
 「ミック」にははじめての海、「シーチャン島」などにも観光に行ってきたようだった。



【町長の葬儀】

 明日が、「火葬式」なので、「お逮夜」の今夜の儀式には参列するつもりでいたが、参列者が多く、長くかかりそうなので、欠礼することにした。明日の「火葬式」には参列。
 遠方から、不案内の参列者も多いようで、大通りから、10枚以上の案内板があちこちに貼られていた。



【義父】

 義父、今日も退院しないで入院を続けている。「病院病」というのがあるのかもしれない。「院内感染」ということではなく、「病院」が好きという心の病。今日も主治医が回診に来たときに限って、しきりと咳き込み、息苦しいという動作をしたらしい。「国民皆保険制度」があるので、医療費はきちんと病院に入ってくる仕組みなので、患者が入院を続けたいのであれば、よほどのことがない限り大目に見るようである。
 性格が悪くて、普段子や孫からまともに相手にされないのが、入院していれば、世間体もあって、ほどほどにはわがままを聞いてもらえるわけで、この味は、こたえられないほど美味しいらしい。困ったというか、見苦しい老人である。「病院病」、日本と違って「完全看護製」ではなくて、これなんで、なんとも居心地のいい日本の病院だったら、死ぬまで退院しないなんてことになりそうである。

 昨夜は、義弟が付き添ったが、今日の午後からは、一個のせがれの嫁さんに有償で頼んで付き添いをお願いしたようである。今日、明日と、町長の葬儀で手が離せないかの栄があるわけであるう。午前中から昼過ぎまで、つなぎで「プッキー」とかみさんが付き添いをした。



【買い物】

 Whiskas子猫用レトルト12袋、160฿。TESCO猫缶5缶、190฿。アースノンマット90日詰め替え用、115฿。アースノンマット90日一式、135฿。
 以上計、604฿(割引クーポン60฿分使用)

 連絡があって、かみさん、猫用の魚を引き取りに「サンコン市場」へ。「パ・ソイ」10キロ、キロ50バーツ。「チャッキー」が送迎。



【渇水】

 「チャッキー」夫婦が、チャムトーンの渇水対策で、スプリンクラー用のポンプを使って、長らく使用してなかった天水タンクに灌漑用水からの水を貯める配管の整備をした。ほぼ一日がかりだった。「チャッキー」は、手のつけられないほどの「酒乱」らしいのだが、酒さえ飲まなければ、実にまめでよく気働きのする男なのだが。「酒乱」を治す薬なんてないのか。やはり酒は魔薬なのか。



【「マイク」など】

 昨夜も10時過ぎころから3~4回起こされた。最初のときにパンパース交換。血尿、幾らかは改善されたようである。宵の口にかみさんがパンパース交換する前に、下半身を洗ってやった。
 今日も外出で「お風呂」ナシ。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム(タイ粥: シャケフレーク、半熟卵、ネギ、クンシャイ、ショウガ千切り)
  ・ 野菜サラダ (サニーレタス、トマト、地這キュウリ、QPゴマドレ)
  ・ 自家製・コーヒー

〈昼〉
  ・ クイティオウ (病院脇に出店している食堂で外食)

〈夕〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ 竹の子豚骨スープ煮
  ・ 煮魚 (「パ・ブー」)



【猫たち】

 朝、「カオポート」と「ブンタ」の相棒が戻らなかった。今朝も、「アキ」は戻ってきた。「テーオ」は、小屋の玄関前においてある鶏用のくず米の袋の脇でうずくまっていた。かなり消耗している様子。家に戻って、「ブンタ」の薬の残りを取ってきて飲ませせた。「抗生剤」と「解熱鎮静剤」。回復するかどうかも危ぶまれるほどに重症のようだった。
 今朝から、子猫たちに離乳食。まだ食べられるものは、2~3匹しかいないが、親猫たちの餌を食べようとしはじめるものが出てきた。
 夕方、「カオポート」と「ブンタ」の相棒が戻らなかったとのこと。「テーオ」はよたよたながらも少しは歩けるようになったが、食べないのでは助かる見込みはない。この何日も食べていないにちがいなく、回復するとすれば奇跡というしかしかない。
 子猫たちの半分くらいは、離乳用のレトルトを食べられるようになった。多分、生後1ヶ月になる、「ピン」の子猫だろうと思う、「ペン」の子猫もあと2~3日もすれば1ヶ月になるわけで、食べるようになるにちがいない。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する