プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/07 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/07 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
「ポン」、避妊手術 ; 日本米など ; 水槽の水換え ; 買い物 ; 「マイク」など ; 今日の食事 ; 「ピン」が出産 ; 猫たち
2016年02月23日 (火) 18:17 / 日記

 今朝5時25分、我が家の外気温は、16.7℃、薄モヤ。西の山の端に赤い満月。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、17.0℃、昨日の最高気温は、33.6℃、雨 ナシ。
 薄くモヤがかかっているが、晴れの天気。湿度が上がってきたようで、少し蒸し暑い。下り坂の空模様かも。



img_(A1400)_2635ss.jpg
 
術後でまだ、気分がすぐれない「ポン」

【「ポン」、避妊手術】

 「ポン」は、「ピン」や「ペン」の同腹の兄弟で、生まれてきた子猫たちにとっては父親である。未だ大丈夫だろうと、つい油断している間に、「ピン」、「ペン」の2匹をはらませてしまった。
 これ以上、「ピン」、「ペン」に子供ができては困ることと、出産直後の子猫の安全のために、急いで避妊手術をしてもらうことになり、今朝は絶食させて、メチャンの「オラパン先生」のところに連れて行った。
 昼過ぎ、メチャン病院に「ミック」の「診断書」をもらいに行く姪夫婦に便乗してかみさんが引き取りに行ってきた。手術料金450฿だったそうである。「オラパン先生」開業したての10年ほど前と比べてほぼ2倍。日本円にすれば1500円あまり、高くなったものである。
 「ミック」の「診断書」は、保育園の団体保険の払い戻しを受けるためのものらしいが、特別個室料金を含めて半額が戻ってくるのだそうである。いい時代になったものである。

 「ポン」、術後の体調はいいようで、夕食も朝絶食した分を取り返そうとしているのか、沢山食べていた。



【日本米など】

 帰りに「バーンデーン市場」によって食材など購入。
 その後、「日本米会社」に寄る。そろそろ端境期が近づいてきたので、鶏用のくず米を100キロ、小生用の日本米を20キロ買いだめしておいた。日本米は買いだめするほどの食味ではないのだが、いざ在庫が失くなったときには、「Makro」の高くてあまり美味しくない日本米で食いつなぎをしなければならないわけで、そのことを思えばまあ仕方のないこと。次の新米が手に入るのは5月の初旬あたりになるにちがいない。そのとき「ひとめぼれ」があったら、50キロくらいは買っておこうと思う。



【水槽の水換え】

 「寒期」中、そのままにしてあった、庭の水槽のうち、「グッピー」のいる二つの水槽のクリーニングを、昼前に、かみさんと姪の手も借りて行った。やはり、最低気温が10℃以下の日が続いたころ、かなり死んでしまったようだが、それでも、二つ合わせると1000匹くらいは生き残ったようだった。
 もういくらなんでも、外気温が10℃以下になることはないだろうと、生き残っているうちの100匹ほどを、移動式の水槽にも移しておいた。



【「マイク」など】

 10時過ぎに催促されて見に行き、パンパース交換。おとなしく眠ったようだった。明け方近く3時ころ、また催促されて見に行き、再度パンパース交換した後、寝返り。なかなか泣きやまず30分ほどして見に行くと、台の上から落ちていた。元に戻すと、その後は朝まで静かに眠ったようだった。
 かみさんも昨夜は2回ほど見に行ったらしい。
 今日も、「お風呂」は省略。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム(タイ粥: シャケ、半熟卵、ネギ、クンシャイ、ショウガ千切り)
  ・ パトンコー1個
  ・ 野菜サラダ (トマト、キュウリ、キャベツ、無糖マヨネーズ)
  ・ 自家製・コーヒー

〈昼〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ しじみ汁
  ・ 刺し身
  ・ 小松菜の抜き菜汁煮

〈夕〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ 瓜詰めものスープ
  ・ 焼き鳥 (照り焼きソース、日本の焼き鳥の味)



img_(A1400)_2631ss.jpg
 
夕べから今朝方にかけて生まれた「ピン」の子猫5匹

【「ピン」が出産】

 今夜あたりかもと、昨日のうちに予想はしていたが、今朝行くと、小屋の中の寝室のベッドの上で、出産していた。「小さく産んで、大きく育てよ」ということもあるが、 親指ほどの小さな茶トラのシロブチばかり5匹。産んだ子猫が小さかったこともあるが、母親の「ピン」は、あまりやつれてはいなかった。朝少し汚れたいたからだも夕方にはすっかりきれになっていた。おっぱいにも、吸いついてのんだあとがあり、今のところ母子ともに順調のようである。
 それにしても5匹とは多すぎる。このあと、2~3日うちには「ペン」も出産するにちがいなく、先々のことを考えると頭が痛い。願わくは、初産でもあるし2~3匹にしてもらいたかった。
 かみさん、すぐに思いついたことが、4月9日の「メカム川の精霊祀り」。多勢の人が集まってきて小屋の中でも宴会。寝室に出入りできないように「鍵」を買わなければと。この子猫たちが大きくなるころまでに、外で生活できるようにするしかなさそうである。10匹以上の猫を、この狭い部屋に押し込めておくわけにはいかないわけである。



【猫たち】

 今朝は、「カオポート」、「尾長」、「コネー」、それにいつもの「ブンタ」の相棒が戻らなかった。
 「ピン」が出産していた。(上掲)「ユング」も妊娠している気配だとか。目眩いがしそうである。
 夕方、「カオポート」、「カオカム」。「ブンタ」の相棒が戻らなかったとのこと。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する