プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
湯たんぽ ; 申請書類送付 ; かみさん、病院へ ; 携帯故障 ; 猫用の魚など ; 「ア・ワン」、見舞い ; 買い物 ; 「マイク」など ; 今日の食事 ; 猫たち
2016年01月28日 (木) 18:23 / 日記

 今朝5時55分、我が家の外気温は、10.9℃、曇り。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、12.6℃、昨日の最高気温は、15.0℃、雨ナシ。
 今朝の明け方の空、雲ってはいたが、昨日までとは異なり、西よりの天空に月の位置が確認できるほどに薄くなっていた。お天気は回復傾向にあるのは確かなようである。
 チェンライ市内では、」昼過ぎころから日がさしはじめたようだったが、我が家のあたりでは、3時ころになって漸く本格的な日差しになった。チェンライ市内の最高気温は25℃前後になったかもしれないが、我が家の付近では、20℃になったかどうか。温かさが戻ってくるのは明日以降のようである。



【湯たんぽ】



 このところ、足先が氷のように冷えて寝つきが極端に悪かったので、昨夜は「湯たんぽ」をいれて寝た。「湯たんぽ」以外も「ダウンのコート」、靴下など、これまでと同じ重装備ではあったが、床に入って下半身が温まるのも早く、寝付も早くよく眠れた。かみさんが、囲炉裏に薬罐をセットし、補給用のお湯を用意してくれたようだったが、その必要はなかった。
 「湯たんぽ」といっても、タイのものは、日本の「水枕」と同じようなゴム製のもので、給湯口が小さいため「氷枕」としての利用はしにくいにちがいない。



【申請書類送付】

 「年金機構」宛の「在留証明」と、5月の滞在ビザ更新用の「収入証明(年金)」を2月の領事館チェンライ出張サービスの際に受け取れるように、申請書類一式を、メカム郵便局からEMSで送付。郵便料金は、37฿。



【かみさん、病院へ】

 しばらく前から、時々胃痛に悩まされ、売薬をのんでも改善されず、このところは吐き気もすることがあるというので、胃痛でかかりつけだった「オーバーブルック病院(「ロンヤー・ファラン(西洋病院)」という)へ。
 駐車場は満員だったが、ビックリするほどすいていてすぐに診てもらえたのはいいのだが、それが小学生のような小柄な「新米医者」。簡単な問診だけで、「抗酸剤」を処方するからとのことで、おしまい。かみさんにしてみれば、最悪の場合、「胃がん」などを心配していたわけで、精密検査をしてもらいところなのだが、拍子抜け。診立ては正しいのかも知れないが、患者の気持ちなど盤さ斟酌しない医療でがっかりしたらしい。以前、胆石で内視鏡手術をしてもらった「ルンティワー女医」は、署ての診察室が、隅っこの方に変わっていたが、冷や飯を喰わされているのだろうか。
 簡単な問診と、安物の薬代など合わせて、450฿は安くはない。すいている理由がわかるような気がしてきた。



【携帯故障】

 また、かみさんのスマホ話中に突然ブランクアウト。おかげで、「ア・ワン」の入院しているチェンライ中央病院の病棟を問い合わせることもできず大苦労。今度は、バッテリーがあがっているらしいのだが。



【猫用の魚など】

 「オーバーブルック病院」の裏の魚卸店で、比較的小型の「パ・タピアン」を12キロほど購入。キロ、50฿。
 心配だった、猫の魚が、幸運にも簡単に手に入って、その後の用事が、気楽になった。
 同じく、病院裏の「TECHNOCOM」によって、丸ソケットをUSBソケットに変換するアダプターがあるか確認したが、」ないとのこと。また、後日、他の店で探すことに。

 時計塔近くの「セブン・イレブン」で、先日娘が買ってくれた、「UHA味覚糖」のミルク飴玉を見つけ購入。1袋22฿は高いが、売れているようだった。かみさんのお気に入りである。
 その隣り合わせの「ぶっ掛け飯屋」で昼食。



【「ア・ワン」、見舞い】

 それでなくても、駐車場から病棟まで遠いのに、「ア・ワン」の入院病棟も不明で、広い病院の中を2周くらい歩かされてしまった。「オーバーブルック病院」でも、1km近い距離を往復させられているので、今日は、5キロ前後は歩いた気分。
 入り口近くの総待合室のインフォメーション・サービスで確認して、やっと所在が判明したが、反対側の裏口近くの成人病棟だった。まだ出血は止まっていないようで、鼻にドレイン用の細いパイプを差し込まれていた。飲食禁止ということらしいのだが、「動脈瘤破裂」ではなかったようで、命拾いしたようだった。「ア・ワン」の長男の「トーン」が付き添いしていた。
 こちらも、疲労困憊ということもあって、30分ほどで失礼した。

 帰りに、チェンライの郊外の「ESSO」で給油し、スタンドの傍らの「ドイチャーン・コーヒー」で、眠気覚ましのコーヒー。苦いだけだが、薬だと思って。高い薬である。



【買い物】

 帰りに、「ナンレー市場」に寄って買い物。
 そのあと、メチャン市場で犬用の砕け米を30キロだけ購入。500฿。助手席に。
 かみさんは、市場で、「こんにゃく」などの食材を買っていたようだった。



【「マイク」など】

 深夜、11時半、催促されて起き、パンパース交換。その後は、明け方近くに泣いていたようだったが、じきに泣き疾んだので、無視。
 午後3時、誰もパンパースを交換してくれなかったようで、外出から帰宅したら、泣き喚いていた。
 外出疲れで、今日も「お風呂」はナシ。
 夕食後、』補食。「オーウェン」と「ビッグ」の「マイク」の兄弟たちも、「マイク」と同じ症状が顕著になってきた。憂鬱!



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ マントウ1個、肉まん2個
  ・ 健康サラダ (リンゴ、ブドウ、コーン、赤豆、大麦、レタスなど、ゴマ入りドレ)
  ・ 自家製・コーヒー : 今朝のコーヒーは美味しかった

〈昼〉
  ・ ぶっかけ飯 (外食)
  ・ 苦瓜の熱々スープ

〈夕〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ おでん (つみれ2種、揚げ豆腐、こんにゃく、ゲソ、じゃがいも、ゆで卵など)
  ・ 熱いお茶



【猫たち】

 朝は、「カオポート」と「カオカム」が戻らなかったとのこと。
 夕方は、「カオポート」、「ポーイ」、それに、「ブンタ」の相棒が戻らなかったとのこと。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する