プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/07 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/07 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
潅水 ; 「貯蓄銀行」のATM ; ガソリン ; パンパース ; 「マイク」 ; 今日の食事 ; 猫たち
2015年12月17日 (木) 18:26 / 日記

 今朝6時00分、我が家の外気温は、16.7℃、曇り。昨夜は降らなかった。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、17.7℃、昨日の最高気温は、30.5℃、雨ナシ。
 朝から、どんよりとした曇り空。正午の外気温、17.9℃。今日の最高気温は、昨日までの最低気温並み。ときたま、「みぞれ」のような冷たい雨粒が、ふたつぶ、みつぶ。
 当地では、最高気温が、20℃以下などということは、滅多にあることではない。



【潅水】

 昨日天気予報の「雨」を当てにして、バラなどの根元に米糠を撒いておいたのだが、降りそうもないので、水撒きした。



【「貯蓄銀行」のATM】

 メカムの「タナカーン・オムシン(貯蓄銀行)」のATM、操作ミスだったようで、今日再試行して引出すことが出来た。あらかじめ何種類か設定されている金額を指定する画面はないようで、その都度金額指定をしなければならないなど、システム自体手抜きの幼稚さが気になった。政府銀行というのはやはり顧客サービスはお座なりのように思われたが。



【ガソリン】

 草刈り機と「CHALY(ミニバイク)」で使うレギュラーガソリンを、メカムバーンマイのスタンドで購入。リッター34バーツほどというのは、ほかのガソリンいくらべるとかなり割高ではあるが、それでも随分値下がりしたようで、200バーツでは、6リッター用の陽気に入りきれないので、100バーツだけ購入。オクタン価91のレギュラーガソリンは、公式には1年以上前に生産中止ということになっているため、現在では扱っていないスタンドがほとんどで、我が家の近くのドラム缶給油所ではもうずいぶん前から見られなくなってしまった。そのうち、どこへ行っても手に入らなくなる時が来るのかもしれない。



【パンパース】

 紙おむつはタイでも一般には「パンパース」と呼ばれているが、「P&G社」の登録商標何ぼだそうである。一体どういう仕掛けになっているのかはわからないが、吸水性能を高めるために「高吸水性高分子(ポリアクリル酸ナトリウム)」は使用されているのだそうである。「マイク」に、使用してみたところ、使用後も全く水気が見られず、腹部も乾いたまま。これならちびっても気分悪くはならず、身体も冷えないので、ちびりも減って熟睡できるにちがいない。吸水物質は吸水するとゲル状になるもののようで、残念ながら、日干しして乾燥させて再使用するわけにはいかないもののようである。
 購入したものは、尾のある犬猫用のものではなく、サイズもやや小さ目なようだが、横向きに使用すればなんとか使えることがわかった。



【マイク】

 7時過ぎ床替え、パンパース装着。(その後、かみさんは起きださなかったようである。)12時、1時半過ぎパンパース交換、3時、4時すぎパンパース外す、4時半。その以後も催促していたが、無視。義姉が朝の仕度で早めに起きて対応したようで、その後おとなしくなった。
 今日は日中日がささず、寒いので「お風呂」はナシ。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム(タイ粥) シャケ、半熟卵、ねぎ、クンシャイ、ショウガ千切り
  ・ 野菜サラダ (キュウリ、トマト、ゴマ入りドレ)
  ・ 自家製・コーヒー〈昼〉
  ・ 酢飯、どんぶり1/2杯
  ・ 刺身 (スマかつお醤油漬け)
  ・ 春雨炒め (春雨、卵、キャベツ、トマト)

20151217PaaKapongRuang.jpg
「パー・カポン・ルアン(ปลากะพงเหลือง)」 (イモトフエダイ) (写真は、NETからの借りものから編集)
〈夕〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ 味噌汁 (大根)
  ・ パー・カポン・ルアン (蒸し煮)



【猫たち】

 今朝は、「アキ」と「デーオ」が戻らなかったとのこと。「カオポート」は、小屋の前のサラーに積み上げてある米糠の袋の上に坐っていたが、そこをねぐらにしたようで、サラーの中に藁束などでねぐらをこしうらえてやった。以前、長いことねぐらにしていた場所は、何らかの事情があって、いられなくなったらしく、「哀れ」な風来坊。
 夕方は、「アキ」のほか「ポーイ」と「カオカム」が戻らなかったとのこと。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する