プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
「サンショウ」を見つけた ; ロイカトン祭り ; 潅水 ; 「マイク」 ; 今日の食事 ; 猫たち
2015年11月25日 (水) 18:24 / 日記

 今朝5時20分、我が家の外気温は、16.7℃、晴れ、まだら雲。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、17.0℃、昨日の最高気温は、31.4℃。雨ナシ。
 白い雲も流れているが、朝からいい天気。予報では、今夜から「にわか雨」もあるかもしれないとのことだが。
 今朝の気温は、記録の残っている2009年以来では、2番目に低い「ローイ・カトン」の朝の気温だが、それでも半そで短パンで過ごしても暑いほどだった。ひと昔前には、寒くて夜になって外に出るのにダウンのコートを羽織って出たなんてこともあったが、やはり「暖冬」なのだろうか。今日も日中の最高気温は、30度を越していたようだった。



img_(A1400)_2461_2425.jpg
 
「マ・ケン」、北タイの「コショウ」

【「サンショウ」を見つけた!】

 先だって小林さんから長野からの特別の「お土産」として、信州新町の道の駅で売られていた地元のおばさん手作りの「サンショウ粉」をいただいた。大分前からのことだが、何とかして日本の「サンショウ」を移植しようと思っていたが、雌雄別株ということもあって苗が手に入らないまま、そのままになっていた。「縁は異なもの」というか、実は、我が家の庭に野鳥がタネを運んできて育っているタイの「コショウ」が、3株もあることに気がついた。数日前から、「マイク」が汚した「オムツ」代わりの古着を洗濯して干しておいた物干し竿の脇に、見慣れる果実(写真右)がつるして干してあり、かみさんに聞いたところ、「バ・ケン」というスパイスだということが判った。葉っぱがとてもいい香りで「ラープ」などの料理の薬味として使われているとのことで、見て来いというので見に行った。たしかにいい香りがする。樹高5mくらいはありそうで、「サンショウ」よりかはやや大ぶりの低木。葉も「サンショウ」よりやや大きめ。竹の子の煮物や魚の煮物に「木の芽」を添えても、もしかすると「異国のサンショウ」とは、気がつかないかもしれない。干してある見も試してみたが、黒光りのする種子は辛くはないが、その果皮はかむと、「サンショウ」と全く同じように舌先が感電したかのように痲れてくる。まさに、北タイの「サンショウ」そのものと言ってもよさそうである。
 調べてみたところ、学名は Zanthozylum limonella。「サンショウ」と同属異種の植物であることがわかった。北タイでは、「バケン(บ่าแข่น)」、中部タイ名は、「カムチャット(กำจัด)」という「ミカン科サンショウ属」の植物であることがわかった。
 当地にこんな植物があって、「コショウ」と同じようにスパイスとしても利用されているということであれば、苦労して日本の「コショウ」を移殖することもなさそうだということである。
 なんでも「サンショウ」のなかまは250種くらいあるらしいが、おそらくもっとも近縁の植物ではないかと思われる。機会があったら、「サンショウ粉」をこしらえてみようと思う。面倒ではあるが、よく乾燥した果皮だけを粉末にすれば出来るようである。



【ロイカトン祭り】

 いつも「ロイカトン」とか「ロイカトーン」とか書いているが、カタカナ表記する場合は「ローイクラトン(ลอยกระทง)」が正しいようである。「ローイ」というのは、「流れる」とか「浮かべる」とかいう意味で、「カトン」というのは、「小舟」という意味らしい。「灯ろう流し」といわれる由縁である。水の女神に収穫の感謝をするインド伝来の祭りのようである。最近では、「流し灯ろう」以上に夜空に浮かべる「コムローイ」の方が有名になってしまって、航空機の事故が心配だからということで、「チェンマイ空港」離発着の夕方からの便はすべて中止になるようである。
 バンコクの陰暦12月の満月の日、今日は、その「ローイクラトン祭り」の当日である。我が家のあたりでも、日中から部落対抗用の大型の「カトン」が共同製作され、お手製の超大型熱気球を上げたりして朝から御神酒も入ってお祭り気分でにぎやかである。
 爆竹の破裂音も夜遅くまで響き渡るにちがいなく、雷や花火が大の苦手の「ビッグ」はじめ我が家の犬たちにとっては、今日は「厄日」で、隠れるところがあれば、穴にだって入るにちがいない。助けて~と悲鳴が聞こえてくるようである。



【潅水】

 昨日に続いての作業だが、庭の果樹の一部と門よりの花壇などに潅水。早くも枯れかかっているものも出てきた。願わくは、2、3日うちにまとまった雨が欲しいところである。



【マイク】

 7時半、(9時ころ、11時ころ)、12時過ぎ、2時40分。5時過ぎ(催促はなかったが、かなりの垂れ流し)。
 宵の口に、「ボビー」の寝床は用意してやった。焚き火も。昨夜も、10時ころから2回のの床換えは、かみさんがやってくれた。
 1時半、「お風呂」。今日は、午後になっても頻尿。どこからこんなに水分を吸収しているのか不思議である。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオガーピン3枚
  ・ 野菜サラダ (キュウリ、トマト、ゴマ入りドレ)
  ・ 自家製・コーヒー

〈昼〉酢飯、どんぶり1/2杯
  ・ チャンコ鍋 (昨日の続き)
  ・ スマ醤油漬け

〈夕〉
  ・ 酢飯、どんぶり2/3杯
  ・ 味噌汁 (わかめ、玉ねぎ)
  ・ スマ醤油漬け
  ・ 野菜炒め (きくらげ、玉ねぎ、しょうが千切り、鶏肉)



【猫たち】

 朝、「アキ」と子猫の姿がなかったとのこと。子猫は、母親がどこかに移したのかもしれないとのこと。
 夕方、朝姿を確認できなかった子猫も戻ってきていて、「アキ」以外は全員そろったとのこと。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する