プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/07 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/07 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
「トート・カティン」 ; 「マイク」 ; 今日の食事 ; 猫たち
2015年11月21日 (土) 18:08 / 日記

 今朝5時05分、我が家の外気温は、16.3℃、晴れ。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、17.4℃、昨日の最高気温は、31.1℃。雨ナシ。
 今日も朝から、快晴。ときどき、白い雲も流れて行くが、「天高く~」であることには変わりはない。



20151121phakathin.jpg
「トート・カティン」で献上される豪華な「カティナ(僧)衣」セット  (写真はNETより拝借)

【「トート・カティン」】

 今日は、山のお寺の「トート・カティン(カチナ衣供養祭)」である。省略して「カティン」行事と呼んでいる。
 1週間ほど前から、門前までの2~300mほどの小径には、フランス国旗と同じ色の三色国旗と黄色の国王旗、それに黄橙色の仏教旗(タンマチャック旗)が道の両側、10m置きに飾られていた。今朝は、夜明け前未だ真っ暗な5時前から、「トート・カティン」と歌(?)がお寺のスピーカーから流されていた。お寺の坊さんたちも、特別早起きしたことだろうが、振舞料理や坊さんたちの食事の準備で、近隣の女衆も早起きしたにちがいない。
 山のお寺では、年明け早々から「菩薩堂(อุโบสถ)」の新築工事が始まるのだが、今年の「トート・カティン」は、その費用集めも兼ねているようで、声を掛けたバンコク方面の多勢の信者が主催者になっているが、500人あまりの名前が入った「招請状」が届いている。この「招請状」の封筒には、住所氏名を記入できるようになっていて、今日の「お布施」用にも使用される。
 封筒の表には、「トート・パー・カティン・サマーキー(ทอดผ้ากฐินสามัคคีี)」に「便乗参加をお願いいたします」と日程と場所も印刷されている。「トート・カティン」というのは、普通は、特定のグループだけで行われる寄進行事なのだが、今回は、複数の団体が共同して主催者になって行われるということで、「サマーキー(สามัคคีี)」という修飾語がついている。「共同主催」とでもいう意味であろうか。

 以前にも書いたことがあるので詳しくは書かないが、上座部仏教の坊さんというのは、たてまえ上は、衣食住すべてを自給することは禁止されている。「食」は、すべて「托鉢」に頼り、「衣」は、「糞掃衣」といって、信者の葬式の際に山野に捨ておかれた「ボロ」を身にまとうことになっている。「トート・パー・カティン」の「トート(ทอด)」とは、「捨ておく」という意味である。今では「食」を自炊することも大目に見られているばかりか、豪華な「僧衣」が、献上されて使用されている。「住」に関しても、今では、どこのお寺に行っても、目を見張るばかりの「庫裏」が僧たちの住まいになっている。
 すべて、「お布施」が受ける側のものではなく、布施する側の「功徳」のためであるという日本人的感覚からすると「逆転論理」とでもいえる考え方の行き着いた結果であろうと思う。「供養」を受ける僧側は決して「感謝」の意を表すことはなく、「布施」する信者が「功徳」に預かるということで「感謝」するわけである。実に実に、僧たちにとっては都合のよろしい「装置」が出来上がっているわけである。
 一般に、タイ人が、何か恩恵を受けても「有難う」と言わない生活態度も、元はといえば、この「功徳」思想が根底にあるのだろうと思われる。「恩恵」は、施す側に「功徳」が授かるわけで、受ける側には、罰は当たらないまでも「功徳」には預かれないわけである。
 我が家の宗旨である「曹洞宗」の宗祖・道元の『正法眼蔵随聞記』にも僧侶の「食」についての記述があったが、信者からの「施し」を受けるという「謙虚」な姿勢だったと記憶している。幸か不幸か、日本までは、この「結構な装置」は伝わっていなかったようである。
 話が少々ずれてしまったが、タイでは僧侶の悪口を言うものは厳しくとがめられるのだが、こんなことを書くと、「罰」が当たりそうな気もするが、いつかどこかで書いておきたいと思ったことである。

 タイの最南部「ソンクラー県」から、2泊3日がかりでやってきたご一行様も含まれていたが、ご苦労様なことである。「成功者」としての「誇り」もあるのかもしれないが。手近な看板か何かを手がかりに、宝くじのあたり番号を推量し、皆でメモしていたが、当たるといいね。「159252」だそうである。



【マイク】

 7時半、9時、12時、3時、5時。昨夜のシーはごくわずかだった。
 今日は、午後1時半に「お風呂」。ついでに「大」も。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム(タイ粥) 豚肉、半熟卵、ねぎ、クンシャイ、煎りにんにく
  ・ 野菜サラダ (キュウリ・自家製、トマト、ゴマ入りドレ)
  ・ 自家製・コーヒー

〈昼〉
  ・ カレーライス (小生用に作りおき:米が美味しいこともあって結構な出来だった)

〈夕〉
  ・ カレーライス (昼の続き)
  ・ サンカヤ (かぼちゃプリン : お寺のお下がり)



【猫たち】

 今朝は、「アキ」もやってきて全員がそろったが、「テーオ」と「コネー」は、餌を見る前に逃げ出したとか。どういうこと?
 夕方も、「カオポート」以外は全員そろったとのこと。「アキ」も帰ってきた。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する