プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
「仏日」 ; 「示談」 ; 『ソイ・トーン(勁草書房)』 ; 「マイク」 ; 今日の食事 ; 猫たち
2015年11月04日 (水) 17:54 / 日記

 今朝5時45分、我が家の外気温は、18.8℃、小雨。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、20.0℃、昨日の最高気温は、24.0℃。雨4.2mm。
 今朝も5時ころからだろうか、しとしと小雨が降り出したようだった。鬱陶しいといえば鬱陶しいのだが、これからの雨期が明けてからの雨は貴重なので有難いものと思わなくては。すでに、谷あいからの水は涸れかかっているらしいし。
 昨日の明け方からの我が家付近の雨量は30mmくらいにはなったようである。
 夕方までには、晴れてきた。今回の「秋雨」も一段落か。



【「仏日」】

 今日は当地の旧暦に寄れば、「黒分」の1月8日、「下弦」の「仏日」である。「托鉢」に出かけるのだろうか、朝早くから「読経」の声が流れていた。雨降りなので、「托鉢」は中止になるとは思うのだが。



【「示談」】

 村内の司法試験を目指して勉強中の「行政執行委員」が、弁護士に問い合わせたところ、小生の車が、事故現場直近の場所に止まっていなかったということで「担当官」が現場検証をしていないのでは、裁判になった場合「交通事故裁判」としてではなく、「刑事事件(カディ : คดี)」として取り扱われ、その場合には警察官の証言が優先して、当方の責任が問われることになるとのこと。先方が、2万というのなら、泣く泣くでもそのへんで妥協した方が得策だということだった。相手の自殺行為にも等しい過失で、こちらの損害も大きく、なんとなく「むしり取られる」感覚ではあるが、タイのこと、泣き寝入りするのも致し方ないのかもしれない。かみさんも、向かいの「トーン」など、みんなにも迷惑をかけるので、早くカタをつける方がいいと言い出した。

 今日午前中に警察署に出頭して話し合いをするつもりだったが、先方との連絡がつかないということで後日に延期になった。



【『ソイ・トーン(勁草書房)』】

 『ソイ・トーン(สร้อยทอง : 金のネックレス)(勁草書房・野中耕一訳)』、本棚から、未読のタイ関連の本を引っ張り出してきて読んだ。半世紀ほど前に、ニミット・プーミターウォング(นิมิตร ภูมิถาวร)によって書かれたタイの社会派短編小説である。
 タイ北部の農民とお役人との話だが、現在でもあまり変わっていない格差社会の悲しい現実がよく表現されている。警官やお役人とはお近づきになりたくないという庶民感情がよく理解できる内容だが、なんとも切ない救われない「悲劇」である。タイとの、特にタイの田舎との係わり合いのある人には薦められない作品である。100ページほどの短編とはいえ、事後の示談などで警官とのかかわりもあったりして、終わりまで読みきるのがつらかった。



【「マイク」】

 昨夜も7時半、9時半、11時、1時半、3時前に催促。その後も4時過ぎころから泣いていたようだったので、起きて見たところ、「仏日」で早起きした義姉の懐中電灯が見えたので、寝床に引き返した。泣き止みはしなかったが、何とか静かになったようだった。今朝起きた6時前には眠っていた。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム(タイ粥) シャケ冷凍フレーク、半熟卵、ねぎ、千切りショウガ、煎りにんにく
  ・ 野菜サラダ (レタス、千切りにんじん、トマト、キュウリ、ゴマ入りドレ)
  ・ インスタント・コーヒー

〈昼〉
  ・ ハム・チャーハン (トマト、キュウリ付き)

〈夕〉
  ・ ご飯 (「ひとめぼれ」)、どんぶり1/2
  ・ 味噌汁 (わかめ、玉ねぎ、揚げ)
  ・ パ・ニン(ティラピア)梅干蒸し煮



【猫たち】

 朝、「デーオ」と「尾長」の姿がなかったとのこと。小雨とはいえ、雨降りで戻る気になれなかったのかもしれない。
 夕方は、「尾長」だけが戻らなかったとのこと。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

示談の件、また拝見させていただきました。
それにしても、現場検証すらやらないタイってほんと何から何までマイペンライなのでしょうか。
以前、私も読んだ「タイに渡った鑑識捜査官 妻がくれた第二の人生」の戸島さんの様な人が、タイ警察のもろもろ業務のだらしなさを正していき、大分改善されたのではと期待していたのですが。
メチャンの妻が保険の外交のようなアルバイトをしているので、「日本の様に、すべて保険で示談までやってくれないのか?」を聞いたところ、VIPとか言う自動車保険があり、それだと、すべて保険会社がやってくれるようなことを申しておりました。
[2015/11/05 10:26] URL | tomo #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
「1級保険(チャンヌン)」に加入していれば、保険会社がほとんどすべての処理をしてくれるのだそうですが、通常の「強制保険」というのは、法律を遵守するためだけのようで、保障もされず保険会社の丸儲けのようです。無保険と同じですね。

[2015/11/06 05:21] URL |  K.Suzuki ( 2015/04 ) #ytdwS45Y [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する