プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/07 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/07 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
かみさん ; 「マイク」 ; 民事不介入 ; 車の修理 ; 「ニン」 ; 振舞料理 ; 闇くじ ; 今日の食事 ; 猫たち
2015年09月16日 (水) 19:34 / 日記

 今朝5時20分、我が家の外気温は、21.9℃、パラパラ雨。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、21.8℃、昨日の最高気温は、33.2℃。雨ナシ。
 晴れときどき薄曇り。



【かみさん】

 今朝の血圧、103。いくらか体調いい様子。夕方も、103.これだといくらかはご機嫌いいようである。



【「マイク」】

 夕べは2回起こされたが、あまりゴネられなかった。体調はいくらかはいいようだった。
 4時前に「お風呂」。小水の最後に、黄色い膿が出るのが気にかかる。膀胱炎なのだろうか。明日にでも、猫の抗生剤をのませてみることに。今日の夕方は、冷凍牛肉の残り。堅くてまずいので食べつくさなかった一切れ。澄し汁の残り。



【民事不介入】

 事故の先方から連絡があって、メチャン署で示談をしたいというので出かけて行った。今日は、わが町の助役の「ミット」のほか、その兄の行政委員(オボートー)。向かいの「トーン」と、弁護士資格をとるために勉強中の本村のオポートー「ペン」にも同行してもらった。
 警察署につくと、昨日病院で顔を合わせた義理の娘にあたるアラフォーの女性から、当方から相手側に見舞金として3000バーツでお終いにしたいという、なんとも控えめな提案がされ、たとえ怪我をした側の責任が重いとは、ごねられて大変な思いをした人の話も聞いているだけでに、ふたつ返事で了解したのだが、同席していたその女性の母親、つまり病院のベッドに寝ている老人の現在の奥さんという女性が、泣き言を言って5000バーツを要求してきた。まあ、それでも仕方がないだろうと、了承し、これで手を打つことにして、警察署の担当官のところに行くと、怪我しているものが病院のベッドに寐ているのに、示談成立というわけにはいかないと「民事に介入」してきた。そんなわけで警察がらみの決着は、大分先のことになりそうである。この間に、バンコクにいるという最初の奥さんとの実子が介入してくる可能性があったり、怪我がこじれて、社会復帰が不可能になる可能性など不安材料はいろいろあるわけで、悩みは簡単には解決しそうもない。
 先方の女性は、バイク側に一方的な責任がありそうだということを聞いたようで、万一裁判にされれば、かなりの金額の車
の修理代などを賠償金としてとられる可能性もあるのですぐにでも手を打ちたかったようである。事実、話がこじれるようだったら、当方としては、責任は全くないという自覚もあって裁判にするつもりをしてはいたのだが。

 現場写真は撮ったようだが、きちっとした調書など作らないのがタイ式なのだろうか。未だに何も聞かれていない。



【車の修理】

 双方が話しあいをして納得したということで、車をそれぞれが警察署から引き取ることだけは認められた。
 先方のバイクの走行距離は、なんとたったの、123キロ。新車そのものである。もしかすると、運転に不慣れだった可能性も出てきた。損傷も、比較的簡単に修理できる程度で、購入したばかりということで、「車両保険」も適用できるのですぐに乗れるようになるらしい。
 我が家のピックアップ(昨日のブログに写真)はメチャンの町外れの町一番の板金塗装工場にもって行き、見積りしてもらったところ、4万バーツ弱。予想よりはいくらか少なめだったが、痛い金額である。しかも、もう元の状態には完全にはもどるわけではなく、いわゆる「事故車」なわけで、この先も何かとトラブルを抱えることになりそうである。



【「ニン」】

 ごたごたして、朝の2回目の給餌は、昼過ぎになってしまった。空腹だったにちがいなく、よく食べたらしい。



【振舞料理】

 「サンナーヤーオ」の「物見」の話から、家の中の仏壇を粗末にしているとために「たたり」があって、かみさんと小生、運気がよくないということで、ご近所にもお願いして、仏壇部屋と仏壇の大掃除をした。
 仏壇へのお供えも含めて、お手伝いしていただいた人たちへの振舞料理。
 ついでに、今日、警察署などに同行してもらった、村の役職者たちも接待し、地元の接待料理のほか、ソーダ鰹の刺身などを食べてもらった。鼻につんと来る「わさび」が好物の人たちである。



【闇くじ】

 毎月1日と16日が「宝くじ」の当選発表の日である。我が家のあたりでは、1等当選番号の下3桁を当てる、闇くじが流行っていて、今回のように大きな事故があると相手側の車を含めてナンバープレーの番号の回し番号を買うことが多く、我が家のピックアップの「8134」を、あれこれ回して、多くのご近所さんが購入し、当選した人が大勢出た。当選番号は、「148」。100バーツ程度の投資で、5000バーツ、中には1万バーツ以上を手にした女性も。かみさんは、当選していたのは10バーツだけだったが、それでも、5000バーツ、日本円にすれば2万円近い臨時収入で大よろこび。
 喜んでもらってもいいものかどうか、複雑な心境ではあるが。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム(タイ粥) 豚肉、半熟卵、クンシャーイ、ねぎ、乾煎りにんにく、どんぶり1杯
  ・ 健康サラダ (レタス、、キャベツ、ニンジン、コーン、大麦、赤豆のサラダ、ゴマ入りマヨネーズ)
  ・ コーヒー (ブラック)

〈昼〉
  ・ ご飯、どんぶり1/5杯
  ・ ママー印カップブードル

〈夕〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ 澄し汁 (白菜、肉団子、豆腐)
  ・ 刺身 (ソーダ鰹)



【猫たち】

 朝、「アキ」と「カオポート」が戻らなかった。「ブンタ」の相棒は相変わらず、近くでうろうろするだけで食べには来なかった。
 夕方も、「アキ」と「カオポート」が戻らなかったとのこと。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する