プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
「ニン」 ; 雑魚とり ; 買い物 ; 水槽大掃除 ; 今日の食事 ; 猫たち
2015年08月30日 (日) 18:05 / 日記

 今朝5時00分、我が家の外気温は、22.8℃、曇り。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、24.0℃、昨日の最高気温は、32.3℃。雨ナシ。
 午前中は陽射しもあったが、午後になって雨雲が広くおおいはじめ、3時過ぎころから小雨が降ったり止んだり。



【「ニン」】

 「ニン」は、朝のうちに2回、夕方から夜に2回、毎日4回、注射器での給餌が続いている。1回の給餌は、「Recovery」用の「Royal Canin」の猫缶にグルコースの粉を溶かしたものを、5ccの注射器で10回前後。朝の寝起きは空腹のようで、催促をするほどだった。それが、この2、3日前からまた呑み込みが悪くなり、嫌がるようにうなってしまい、半量を次回に繰り越すなんてことも。人間の「AIDS」患者もそうらしいのだが、症状はよくなったり悪くなったりをくりかえすのだそうだが、「ニン」の場合もそのようである。折角体重も回復しつつあるのに、また逆戻りである。「ニン」の介護も、無駄なことなのかもしれないと、かみさんはヒステリー気味である。



img_(A1400)_2153.jpg
 
「ナマ」川の橋の上からみた「ポン川」。遠方、右奥の山は、「ドイトゥン山塊」。

【雑魚とり】

 チェンライの雨期も終りに近く、「ナマ」では、「パハー(魚醤)」用の雑魚とりのシーズン。今年は義姉の手の具合が悪く、四手網をもって出漁するわけには行かない。とは言うものの、「パハー」の消費量は年々変わらないわけで、「ナマ」の漁の具合はいかがなものかと偵察に出かけてみた。
 雨が比較的少なかった今年は、例年だ水没してうまく育っていない一帯の稲も「大豊作」といった調子で、「ナマ」の湿地帯はすっかり干上がっていた。雑魚とりができる水溜りなどほとんどなく、今年の雑魚は絶望的で、来年の「パハー」、北タイ料理には欠かせない、必需品の調味料であるだけに市場で調達するしかなさそうである。



【買い物】

 帰りに「フエカイ市場」で、食材など購入。
 昼食も、郵便局の並びのいきつけの店で買って帰った。



【水槽大掃除】

 玄関脇の水槽の「グッピー」が、大小問わず、まとまって死にはじめ、昼食後、慌てて大掃除して、水槽を雨どいの下から玄関先に引っ越した。まだ、太陽の位置は真上に近く、時期としては少し早いのだが、背に腹は換えられない。
 前回、前々回と、横着をして水槽内を掃除しなかったのも不可なかったかもしれない。水槽内に生えたコケのようなものが腐りかかって黒くなっていた。
 今日は、かみさんが子守役で、「ノイ」と「プッキー」が手伝ってくれた。
 死んだ「グッピー」を、補充する意味もあって、白蓮の水槽から、100匹ほど引越しさせた。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム(タイ粥) 豚肉、半熟卵(黄身抜き)、クンシャーイ、ねぎ、どんぶり1杯
  ・ トマト・キュウリのサラダ風、ゴマ入りドレッシング
  ・ コーヒー (ブラック)

〈昼〉
  ・ 豚肉のカリカリ上げ飯
  ・ 
  ・ デザート、カオニオウ・ダム・サンカヤ (ひと包み、5฿は安い)

〈夕〉
  ・ カオマンカイ



【猫たち】

 今朝は、「ブンタ」の相棒も長尾の小猫も戻ってきて、「アキ」と「ポーイ」だけが戻ってこなかったとのこと。
 夕方、「アキ」と「ブンタ」の相棒と「ポーイ」、それに「ユング」が戻らなかったとのこと。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する