プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
バラが咲いた! ; 「ミック」 ; 「ニン」 ; 「オニカッコウ」 ; 「ピーカオ」 ; 今日の食事 ; 猫たち
2015年08月28日 (金) 18:27 / 日記

 今朝5時10分、我が家の外気温は、21.5℃、曇り。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、21.5℃、昨日の最高気温は、32.0℃。雨4.2mm。
 今朝の空は雨雲に覆われてはいるが、夜中に降った形跡はなかった。
 日中、たまに薄日がさすこともあったが、ほぼ一日中曇り空の肌寒い一日になった。



img_(A1400)_2147ss.jpg
 
我が家にやってきて、最初に咲いた「バラ」

【バラが咲いた!】

 先だって、小林さん宅のバラ畑からそっくりバラの木をいただいてきてしまったのだが、元気がいいものである。今のところ1株だけだが、一昨日あたりから、なんとなく黄色い蕾のようなものが見えてきたと思ったら、今朝はおぼ満開になっていた。まだ植えて10日、活着したわけではないので、花は十分大きくはなれないのだが、それでも、小林さんの奥様が選んで植栽されていただけのことはある気品が感じられる。
 実は、40本あまりのバラをいただいてきたあと、すべての花が満開に咲いていたときの写真が送られてきたのだが、たしかにその中に、この黄色いバラも含まれていた。
 かなり無造作に引き抜いてきて移植したこともあって、10本ほどは枯らしてしまいそうだが、バラ特有の赤い若芽が吹き出してきた苗もかなりあって、今後が楽しみである。花が見れるようになるのは、年明けころからかなと期待していなかっただけに、ビックリするやら嬉しいやらである。



【「ミック」】

 鼻水たらたらで今日はお休み。それにしても、よく風邪をひく、保育園で雨にあっているのか、それとも水遊びをしているのか。教師一人に子供が20人前後らしく、管理監督、手に負えないらしい。



【「ニン」】

 昨夜寝る前の夜食は、嫌がったので注射器3杯分でやめにして、残りは冷蔵庫に。それでも今朝は、いつもの朝と変わらなかった。暗いうちに、トイレに入っているのを確認した。小の方。体重は、目に見えるほどではないが、回復しつつあるのだろうと思う。元気はいい。
 今日は、指定日でクリニックへ。
 今日も、今迄と同じで、注射1本に点滴少々。それに今日は、鼻づまりや気管支喘息のよぷな症状を改善するために、「風邪薬」ももらってきた。
 今日は、先だってのトリミングの際に、「バリカン負け」で頬に傷を作ったところを、痒くて引っかいたためにこじらせてしまった「ラッキー」も連れて行った。かゆみ止めなどの薬を処方された。
 今日の支払いは、これらの他に、「ニン」用の「Recovery缶詰」3缶を含めて、630バーツだった。



【「オニカッコウ」】

 玄関脇の水槽の中で、沢山のウジムシの死骸を見つけ、もしや、屋根の上に野鳥の死骸でもありやしないかと気になっていた。まだ自由自在に空を飛べるまでには成長していない、あの「オニカッコウ」のヒナが、何者かに襲われ、屋根の上あたりで大怪我をし、雨どいの中にでも転がり落ちているかもしれない。気にしてばかりいても仕方がないので、かろうじて2階のベランダから雨どいの中が何とか見られそうな脚立を立てて恐る恐る雨どいの中をのぞいて見た。結果は、それらしいものは全く見つからなく、ウジムシの発生場所などはわからなかったものの、正直ほっとした。
 それにしても、あのヒナは、一体どこへ入ってしまったのだろうか。bぬ時でいてくれればいいがという願いは、少しムシがよすぎる願いのような気がする。



【「ピーカオ」】

 「ピーカオ」とは、「お化け」に取り付かれたという意味である。
 昨日の夕方から夜にかけて、「ホテイアオイ」の除去のあとの打ち上げ宴会で、人事不省に近い状態までしこたま飲んだ姪の「ノイ」は、暴れまわってあらぬことを口にしたのだそうである。いわゆる「ピーカオ」状態。自力で家に帰れる状態ではないので、つれあいの「アイタン」が、若者たちの手を借りて、ピックアップで連れ帰ったとのこと。何でも池のほとりを住まいにしている「ピー」が、豚肉の焙り焼きを食べたいと、「ノイ」の口を借りて言っていたとかで、今朝になって、向かいの家の若者が、「ピー」が所望していた豚肉の焙り焼きを用意して養魚池のほとりにお供えしたとのこと。
 タイの片田舎には、今でも「ピー信仰」は生きているということのようである。
 それにしても親子の血は争えないもので「ノイ」の母親義姉の「シー」、かれこれ20年以上も昔のことだが、たびたび「ピー」にとりつかれ、重症の時には、病院にまで担ぎ込まれたこともあった。母親が悪酔いすると、泣いて暴れたあのころの「ノイ」、一体どこへ行ってしまったのか、今では母親以上の酒豪になってしまった。まだ30代半ばである。



20150828kaoman.jpg
 
昼のデザート「カオマン」。 写真を撮る前に食べてしまったのでネット上から拝借。

【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム(タイ粥) 白エビ小、半熟卵(黄身抜き)、クンシャーイ、ねぎ、どんぶり1杯
  ・ トマト・キュウリのサラダ風、ゴマ入りドレッシング
  ・ コーヒー (ブラック)

〈昼〉
  ・ ご飯、どんぶり1/3杯
  ・ ニッシン・ラーメン
  ・ カオマン(デザート:黒もち米をバナナの葉に三角包みして蒸した「カスタードおはぎ風」)
    標準では、カオニオウ・ダム・サンカヤ(ข้าวเหนียวดำสังขยา)というらしい。

〈夕〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ 味噌汁 (ねぎ、わかめ)
  ・ シャケ塩焼き
  ・ 野菜炒め (豚肉、小ニガウリ、ナスなど)



【猫たち】

 朝、島組は、「ポーイ」と「デーオ」、それに遅れてやってきた「カオカム」以外は帰って来なかったとのこと。小屋組は、「アキ」、「ブンタ」の相棒が相変わらず戻ってこなかった。
 夕方、島組は、「デーオ」1匹だけだったとのこと。あとの7匹は、どこかに雲隠れ。「アキ」、「ブンタ」の相棒は、いつものように姿がなかった。
 島組は、裏の斜面にある隣のトウモロコシ畑を遊び場や隠れ場所にしていたのだが、今日収穫のために多勢の人手が入ったため、恐くて帰れないようである。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する