プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/07 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/07 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
「ニン」など ; 猫用の魚 ; 錠前が壊れた ; 為替レート ; 今日の食事 ; 猫たち
2015年08月24日 (月) 18:14 / 日記

 今朝5時15分、我が家の外気温は、21.8℃、快晴。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、N/A、昨日の最高気温は、N/A。雨N/A。気象局のサーバー故障のため情報ナシ。
 晴れたり曇ったり。降りそうなこともあったが我が家のあたりでは洗濯ものを取り込むほどではなかったようである。



【「ニン」など】

 気のせいか少しづつだが、体重も増えてきた。元気も回復しつつあるのだろうが、その分わがままを通そうとするようになってきた。
 家猫たちは、みんな食べられるようになった。チャムトーンの新入りの子猫たちも、ほぼ以前の健康だったときの食欲が戻ってきたので、今日は薬はナシということに。また少しづつ肥ってくるにちがいない。どうやら、我が家の猫たちに蔓延していた、下痢・食欲不振の「嵐」は峠を越したようである。



【猫用の魚】

 昨日ようやく1.5キロほど調達できたらしいが、それももうなくなって、今日、「ノンブアデーン市場」へ出かけた。「チェンライ国際空港」の北に位置し、「コック川」に近く、養魚池なども多い所で、猫用の魚を手にいれるチャンスが多い市場ではあるが、何しろ我が家から40km前後も離れた遠いところ。よほどの「バカ」でもなければ。何の見返りもない猫などのためにそんな遠方まで出かける物好きはいないにちがいない。34匹の猫、好きで養っている猫など、ただの1匹もいない。つくづく、因果なことだと、我ながら呆れてしまう。
 昼食後、猫用の魚を求めて、「ノンブアデーン市場」へ。「パニン(ティラピア)」6キロ、キロ50฿。パソイ、1キロちょっと、60฿。これでは不足なので、「ナンレー市場」へ寄ったが、適当な魚はなかった。ちょうど、そのとき「サンコン市場」から電話が入り、10キロ以来。すぐにその足で引き取りに。キロ50฿。



【錠前が壊れた】

 チャムトーンの門を施錠してある錠前が、壊れた。中に入るのに開けたときにはなんとかなったが、帰りに門を閉めようとしたときに、錠前が閉められないばかりか、鍵まで錠前に食いつかれてしまい抜けなくなってしまった。今までにも、たまに同じようなトラブルはあったが、あれこれやっている間になんとかなったが、今回はどうしようもなかった。カギが閉まっているのを無理やり開けようと馬鹿力で引っ張られたことがあったようで、それ以来調子がおかしくなっていたが、これで、買い換えるしかなさそうである。明日出かける用事があるので、新調するつもり。



【為替レート】

 「円安」が改善しているほどではないものの、このところ「タイ・バーツ」がそれ以上に下がっているので、この分なら、「年金」でビザ更新が出来そうな気がしてきた。年明けの書類の準備は、「預金」と「年金」の両またかけてやってみるのもアリかもしれない。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム(タイ粥) 豚肉、半熟卵(黄身抜き)、パクカーウプン(クンシャーイ)、ねぎ、どんぶり1杯
  ・ 健康サラダ (レタス、コーン、バーレー麦、いんげん、ニンジン、トマト、ゴマ入りドレッシング)
  ・ コーヒー (ブラック)

〈昼〉
  ・ ざるうどん (そろそろ「うどん」が、と思っていたとき、以心伝心・・・シアワセ!)

〈夕〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ 味噌汁 (わかめ、玉ねぎ)
  ・ 天ぷら (白エビ、小魚、いんげん、椎茸、大葉・天つゆはかみさんのお手製)



【猫たち】

 朝、「アキ」のほか、「デーオ」と長尾の子猫が戻らなかった。新入りの子猫3匹とも、小食だが食べるようになったので、今日のクリニック行きは取りやめ。念のため、「抗生剤」をのませておいた。
 夕方、「アキ」と「デーオ」、それにおなかの茶トラの子猫が戻らなかった。「ブンタ」の相棒の姿も確認できなかったが、見かけてもその付近をうろうろしているばかりで、このところずっと食べていない。新入りの3匹は、三毛が稍小食だけで、あとの2匹は健康だったときの食欲を取り戻していた。焼き魚の皿も、猫缶の皿もなめたようにきれいに片付いていた。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する