プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/07 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/07 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
花木などの移植・定植 ; 「ニン」 ; 梅干しとごぼう ; 今日の食事 ; 猫たち
2015年08月22日 (土) 18:26 / 日記

 今朝5時00分、我が家の外気温は、22.8℃、曇り、星も。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、23.0℃、昨日の最高気温は、33.0℃。雨0.2mm。
 日中は、晴れたり、日が陰ったり。たまに、霧雨に近いポツポツ雨も。



【花木などの移植・定植】

 ずっと以前、義妹の「ノンカン」がもってきてくれた「サクラ」の苗木、乾燥しやすい土の鉢に植えてあったこともあって、5本のうち3本は枯らしてしまった。残る2本のうちの1本は、何かの手違いなのだろうとは思うが、「サクラ」ではなく、「インディアン・イエロー」だった。それでも、捨てるわけには行かず、「サクラ」と一緒に、チャムトーンに植えた。「インディアン・イエロー」は、触るとかぶれることもあって、屋敷内ではなく、門の外の、先輩の「インディアン・イエロー」の隣に植えた。もう1本の「サクラ」は、上の池のほとりに植えた。

 同じ植木鉢の中に蒔いておいた「カニステル(クダモノタマゴ)」3本は、発芽していたが、家に持ち帰り、大き目の鉢に植え替えておいた。ついでに、ずっと以前、挿し木をしておいた、日本から持ち込んだ「キク」も発根しているので、別の鉢に植え替えた。発根しただろうということは、大分前からわかってはいたが、なかなか大きくならないと思ったら、鉢の土に使用した川砂が、コンクリートのように固くなっていた。当地の川砂には、「ラテライト」が混じっているので、園芸用には必ずしも適しているちおはいえないようである。

 遮光ネットで囲んだ養苗場所の中に、10本ほど残っているコーヒーの幼苗を、チャムトーンの「リンチー」の下にでも移植しようと思ったがが、根が尽きて後日ということに。その後、大木の日陰の下で、「オヒシバ」などの雑草の抜き取りを小一時間やった。



【梅干しとごぼう】

 やらなかったことをこんなところで書いてみたところで、どうしようもないのだが、塩漬けしてある梅を干して、赤紫蘇を収穫して漬けなおそうと思った、晴れているとはいえ、俄雨もありそうで、延期した。
 裏の畑の赤紫蘇はまあまあ順調に育ったが、早ければ今月下旬ころには食べられると思っていた「ごぼう」は、虫害にやられたようで、ほぼ全滅してしまった。残念なことである。まだ、タネは残してあるので、気温が下がり始めるころに再挑戦するつもりでいる。



【「ニン」】

 今日も朝から、注射器で給餌。給餌しなくてもひとりで食べられるようになって欲しいのだが、まだそう云うわけには行かないのか、それとも甘えているのか。1回の量を出来るだけ多くなるようにしてきた甲斐があってか、少しづつだが、太ってきているような気がする。そろばん玉が埋め込んであるのではないかと思われるほどやせてしまった背骨も徐々に丸みを帯びてきたようである。
 それにしても、かみさんとふたりがかりで1回の給餌に10分あまりを費やしているのだが、こんなこと何時まで続けられるのだろうか。「老老介護」などという言葉もあるらしいが、小生の場合、たとえ相手が犬猫であろうと、病人が病人を介護しているようなものであるが、日々の生活のほとんどを肉親の介護に費やしている人のことを思えば、わがままなことはいえないと思う。

 「ニン」は、少しづつ肥ってきているのかもしれないが、それとともに、足腰がふらつくようになってきて、徐々に弱ってきているのかもしれないと思われる。対症療法さえ十分に尽くせば、まだ半年や1年は生きながらえることが出来るというオラパン先生の言葉だが・・・。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム(タイ粥) 豚肉、半熟卵、パクカーウプン(クンシャーイ)、ねぎ、どんぶり1杯
  ・ サラダ風 (トマト、キュウリ、ゴマ入りドレッシング)
  ・ コーヒー (ブラック)

〈昼〉
  ・ 

〈夕〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ 味噌汁 (玉ねぎ、わかめ)
  ・ 冷凍鯖塩焼き
  ・ 竹の子とリトマイ(ソリザヤノキ)の油炒め



【猫たち】

 朝、「アキ」以外は全員戻ってきた。だが、「ブンンタ」の相棒、茶トラの子猫2匹は、食べなかった。新入りの3匹も、ほとんど食べなかったが、無理やり焼き魚を口の中に押し込んだあと、ほんの少しだが食べ始めた。さいわい下痢は収まったようである。
 夕方、「アキ」と「ブンタ」、「ユング」が戻らなかった。食べなかった猫は、新入りの子猫3匹のほか、茶トラの子猫2匹と、「デーオ」、「ポーイ」。逆に食べたのは、「コネー」、「ペーオ」、「カオポート」、「カオカム」、それに「カオカム」と同じ黒っぽい色の子猫の5匹だけだったとのこと。朝、新入りにのませた「抗生剤」は効果がなかったようで、夕方、別の種類の「抗生剤」をのませてみた。これも効かないようなら、明日クリニックへ連れて行くつもり。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する