プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/07 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/07 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
「ニン」 ; 買い物など ; 洗車 ; 水槽の水換え ; 糖尿の煎じ薬 ; 今日の食事 ; 猫たち
2015年08月21日 (金) 18:20 / 日記

 今朝5時15分、我が家の外気温は、22.6℃、曇り。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、23.8℃、昨日の最高気温は、29.6℃。雨0.6mm。
 朝は止んでいたが、深夜すぎたころにひと雨あったようである。
昼前ころから雲もとれ、暑いカンカン照りの陽射しが戻ってきた。
 あれほど晴れ渡っていたのに、夕方6時前ころから、比較的近いところで雷鳴。暗くなるころには俄雨があるかもしれない。蒸し暑くなってきた。



【「ニン」】

 「ニン」は、顔をみると、どら声で鳴いて食べ物を催促している。昨日は、朝自力で少したべたあと、あわせて5回、注射器で給仕したのだが、1回で分はほんの少しばかりで、1日を通してということであれば、健康時の半分にも満たない摂食量なので空腹なのはよく理解できる。

 今日は予約日で、クリニックへ。車に乗ってからもしばらくは嫌がってぐずっていたが、前回よりは諦めが早かったようで、じきに静かになった。
 「血液検査」の結果、「腎臓」も悪くなっていることが判明。適当な対症療法以外、手の施しようはないらしいということが判明。予定の注射(何の注射かは不明)をしたあと、脱水症状も出ているということで、ごくあっさりとだが、「点滴」。「Royal Canin」の猫缶(3缶で2缶分)などを含めて、650฿。前回の分と合わせると、2000฿になった。
 次回は、また1週間後の28日に。



【買い物など】

 いつものようにメチャンの「チダポン市場」の脇の「セブン」で、車の月賦と電気料金の支払いをした。どういうわけか、きょうは振込み依頼しただけで、肉まん1個サービスされたらしい。今回だけのキャンペーンだったのか、今日は特別愛想がよかったらしい。
 そのあと、「バーンデーン市場」へ行き、食材など買い物。今日は、「豆腐」はなかったらしい。1個2バーツのひとくちミニ肉まんは、お手ごろでチャイダイである。車の中で4個ペロリと平らげた。



【洗車】

 犬か猫の糞をふんだ足でピックアップに乗ったらしく、臭うので、帰宅後、ゴムマットなどを洗うついでに、外側も洗車した。



【水槽の水換え】

 庭の水槽めがけて犬が小便をするらしく、水が臭い始めてきたので、今のところ致命的な被害者は出ていないが、水換えをした。炎天下の作業で、水槽内の掃除などを含めて、そのうちまた丁寧に洗えばいいやということで、かなり手抜きした作業だった。かみさんと、義姉も手伝ってくれた。



【糖尿の煎じ薬】

 「インタニン(オオバナサルスベリ)」の煎じ薬は、「糖尿病」に効くとのことで、煎じ薬をこしらえてもらった。昨日はじめて、お茶代わりに飲んだところ、効きすぎたようで、夜中にうなされてしまった。眠っている間に血糖値が下がりすぎたのかもしれない。1日の摂取量は、ほんの少しづつということにしようと思う。
 昨日飲んだのが今日まで影響したのか、午前中いつもより空腹感が強かったようで、間食してしまった。

 『バナバ茶の効能』として、コチラ などに詳しい効能などが出ているので、ご参考に。・



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム(タイ粥) 白エビ小、半熟卵、パクカーウプン(クンシャーイ)、ねぎ、どんぶり1杯
  ・ サラダ風 (トマト、キュウリ、ゴマ入り、ドレッシング)
  ・ コーヒー (ブラック)

〈昼〉
  ・ タイ風巾広焼きそば (パッシーユー・センヤイ:麺が粉っぽくて、まずかった)

〈夕〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ 味噌汁 (豆腐、玉ねぎ、わかめ)
  ・ とんかつ・刻みキャベツ



【猫たち】

 朝、「アキ」のほか、「ポーイ」などの姿がなかった。戻ってきても食べない猫もいた。
 夕方、やはり「アキ」のほか、「ポーイ」、「デーオ」、それに長尾の子猫の姿がなかった。子猫3匹は、下痢は収まってきた風だが、やはり食べなかった。「ブンタ」の相棒も下痢をしていて食べなかったらしい。もしかすると、今回の猫たちの下痢は伝染病かもしれない。「タマ」などを含めて、家猫にも何匹か下痢をして食べられない猫がいるようだし、チャムトーンの猫には、少なくても5~6匹の下痢猫がいるようである。伝染病だとすると、かなり感染力の強い病気かもしれない。ただし、発症しない猫も多いところをみると、免疫を持っているものもいるのかもしれない。今のところ、命には別状はないようだが、心配ではある。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する