プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/07 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/07 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
「ニン」 ; 「ニン」、猫エイズ! ; 「オニカッコウ」 ; 「バラ」の支柱 ; 今日の食事 ; 猫たち
2015年08月19日 (水) 18:32 / 日記

 今朝5時10分、我が家の外気温は、21.9℃、曇り。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、23.3℃、昨日の最高気温は、27.6℃。雨3.8mm。
 昨夜は、夜中には降らなかったようで、庭先はかなり乾いてきていた。日中も、雨は降らなかった。



【「ニン」】

 朝早く、いつもそうしているように「ニン」のいる2階の寝室に行くと、「ニン」は待っていたようにゼーゼーと喘息のような鳴き声で出迎えてくれた。ベッドに上がって横になると、間髪をいれずに腹の上に上がってきた。熱があるのかいくらか身体が熱い。掛け布団代わりのシーツをかけてその上から身体を撫でてやる。いつものことである。だが、今日はこのところの具合が悪くなってからの「ニン」とは少し違うようで、元気なときに同じように腹の上に乗せて身体を撫でているとき、ついうとうとして手を止めると、「ニン」は腕を小生ののどのあたりにまで伸ばして軽く爪を立てサボルなと催促するのが、今日は手を止めてもいないのに同じように爪を立てて何か催促している。しかも、こんなとき、滅多にしたことはない、甘咬みもする。余程腹が減っているんだろうと思う。何か食べたくて、少しでも残り物がないかと空き皿をまわって歩い足り、キャッツフードをいてある容器までいったりするが、いざとなると、ほとんど食べられないわけである。今日もまた、注射器で、食べさせるしかないと思い、キャッツフードなど、グルコースと混ぜて水にふやかしておいた。半時ほどしたら、指で固形物がなくなるまでよくつぶして、注射器で吸引して呑み込ませるつもりでいる。
 「ニン」、今朝は、猫缶を自分から少し食べたらしい。数日ぶりである。だが、十分ではないので、キャッツフード(Whiskas)を数粒水にふやかしたものに、レトルト・パウチのフーズを少し、それにグルコースを混ぜて水で延ばしたものを注射器でのませた。食欲はありそうだった。



【「ニン」、猫エイズ!】

 「ニン」、何とかなればという気もあって、クリニックへ連れて行った。しばらく診察したあと、血液検査をすることになった。OKはしたものの、血液検査料だけで850バーツと聞いて、失敗したと思ったが、後悔先にたたず。12才にもなり、今までの先輩猫たちのことを考えると、十分長生きしたわけで、なにを今更という気がしないでもないが、OKしてしまったあとでは、取り返しがつかなかった。簡易キットを使った「猫エイズ検査」が350฿、それに肝機能など総合的な検査が、500バーツ。こちらの方は、血液を「メーファールアン大学」に送って検査してもらうので、結果が判明するのは早くても夕方ということに。
 待っている間に結果が判明した「猫エイズ検査」は、なんと陽性。「猫エイズ」というのは、正式には「猫後天性免疫不全症候群」、「ネコ免疫不全ウイルス(FIV)」によってひき起こされる諸症状のことをいうのだが、名前が長いことから単に「猫エイズ」と呼ばれるのだそうである。時には10年にも及ぶような長い潜伏期間のあとに発症するもののようである。「免疫不全」によって感染した病原菌の種類によっても異なる症状がみられるようだが、今回の「ニン」の場合のように、「歯肉、歯周組織などの炎症や口内炎、口臭など」が、よくみられる症状なのだそうである。何れにしても、完治するような処方は確立されておらす、不治の病であり、時に応じて対症治療するしかないのだそうである。可哀想だが、「ニン」も先が見えたということである。
 ちなみに、「猫エイズ」というのは、猫属の動物に特異の病気で、人間や犬には、全く感染しないものなのだそうである。猫の場合でも、まれに見られる母子感染は、咬み交際をするほどの喧嘩でもしない限り、感染はしない感染力の弱いウィルスということで、「ニン」を隔離する必要がないだけ助かる。なにしろ、我が家には、4ヶ所に分散しているものの、母屋の中だけで、19匹が生活しているわけで、隔離しなければならないとなると、大変なことになるわけである。
 「ニン」も、あとそう長くは生きられないとは思うが、これからの彼の余生は、おまけの一生と思い、投げやりというわけではないものの、あまり気に病まないようにしようと思う。
 「猫エイズ」については、コチラ に詳しく出ている。



【「オニカッコウ」】

 明け方近く、「オニカッコウ」は、今頃どこでどうしているのだろうと思う。”~あの~ひとは、行って行ってしまった~あの~ひとは、行って行ってしまった~、もう帰らな~い~♪”と、つまらない歌謡曲のフレーズが口をついて出そうになった。ヤツは、ちゃんと何かを食べられて、元気にしているだろうかと心配である。せめて、あのギャーギャー、一日1回だけでもいい聞かせてくれないだろうか。往生際の悪い人間、なんとも女々しいものである。



【「バラ」の支柱】

 昨日、かみさんが、「バラ」の支柱用の竹を30本あまり用意しておいてくれた。本来なら。男の仕事だと思うが、我が家の男どもは気が利かないので、頼んでやってもらうのも嫌だなと思っていたところ、かみさんが気を利かせて準備してくれてあった。「バラ」は、全部で37本あった。昼から、テープで結束。
 さいわい、昨日から天気に恵まれて、「バラ」の新芽がしおれずに伸びだしてきたものも多い。この分なら活着も約束されたようなもので楽しみである。根が、我が家の花壇の土に慣れ、生き生きしたころ、1ヶ月後くらいに施肥する予定でいる。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ ご飯、味噌汁椀1/2杯
  ・ おでん (一晩おいたものは、味がよくしみていてさすがに美味しい)
  ・ サラダ風 (トマト、キュウリ、ゴマ入り、ドレッシング)
  ・ コーヒー (ブラック)

〈昼〉
  ・ ご飯、どんぶり1/3杯
  ・ おでん

〈夕〉
  ・ ご飯、どんぶり3/4杯
  ・ 竹の子汁 (小鯖、安いだけのことはある)
  ・ 野菜炒め
  ・ 蒸し貝 (ホイ・ケーン:ハイガイ)



【猫たち】

 朝、「アキ」以外は全員集合。島組の猫たちは、朝食後、「カオポート」と「ポーイ」をのぞいて、さっさとどこかへ出かけていったらしい。今日はまだしばらくは雨は降らないという「お託宣」のようである。
 夕方。「アキ」のほか、「ポーイ」と長尾の茶トラの小猫が戻らなかったとのこと。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する