プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
「ニン」の容態 ; 「バラ」をいただく ; 「BIG-C」などで ; 「オニカッコウ」 ; 『火垂るの墓』アニメ版 ; 今日の食事 ; 猫たち
2015年08月17日 (月) 19:54 / 日記

 今朝5時10分、我が家の外気温は、22.3℃、曇り。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、23.7℃、昨日の最高気温は、30.8℃。雨0.2mm。
 晴れたり曇ったり、ときどき小雨も。



【「ニン」の容態】

 少し食べられるようになったが、やはり歯痛か口内炎が痛むようで、あまり食べ続けられない様子だった。今朝も、食事時に猫用の「抗生剤」と「鎮痛剤」を半錠飲ませたあと、ツナ・パウチとグルコースを混ぜた水溶液を注射器で、飲ませておいたた。



【「バラ」をいただく】

 小林さん宅の、門を入ってすぐのところに、50株ほどの貴重品のバラを植えた花壇がある。手入れが大変ということで、あまり手間のかからないハイビスカスに植え替えるというので、今までの「バラ」をそっくりいただくことにした。我々の手元で細々と生きている3株100バーツなどという安物ではなく、総額では、1万バーツ以上を投資された貴重な品種ばかりである。
 またまた、もらえるものなら何でももらうといういじましい精神を発揮してしまったが、我が家の花壇で育ってもらえるかどうか、あまり自信はない。何しろ貴重な「バラ」なので、その気になって面倒見なければと思っている。
 お昼は、奥様手作りの絶品の「カレーライス」をご馳走になってしまった。

 いただきもの「バラ」は、道中、俄雨にあって、いい具合だったが、帰宅後すぐに花壇に隙間をこしらえてすべて植えつけた。大小合わせて30株余りあった。添え木は明日以降ということに。



【「BIG-C」などで】

  帰りに、「BIG-C」に寄って、我が家の猫にすかれている「エビ入り」の猫缶を棚にあるだけ、18缶買い占めてきた。522฿。そのほか、牡蠣ソース、39฿。Meiji牛乳、91฿。ごま入りサラダドレッシング、85฿。タオチオウ(中華豆味噌)、24฿。豚骨1.1kg、64฿。鶏レバー0.3kg、45฿。茹でヘーオ0.32kg、29฿。Whiskasパウチキャッツフード(「ニン」用)2袋、26฿。ラッキー用サウナック、26฿。「Dilmar」のティーパック25p、180฿。「Lipton」のティーパック50p、129฿。食器洗い用スポンジ4個入り、27฿など
 合計で、1313バーツの買い物。
 かみさんは、エスカレータ脇きのワゴンセールで1本100฿のスラックスを2本買っていた。メサイのアーケード街は、「BIG-C」よりも高いのかと、ぼやいていた。
 そのあと、夕食の食材など買うので、「メーヤーオ市場」に寄ったが、小生は車内で居眠りをしていた。そのせいで、帰路眠くなることはなかった。昨日、2件の死亡事故を身近に経験しているので慎重運転である。「キック」に切符を売った長距離バスのメチャン中継所勤めの若い女性が、「キック」がバスに乗ったころ、近くの道路上でバイクに乗っているところをはねられ、呆気なく死んでしまったそうである。気味が悪い。



【「オニカッコウ」】

 昨日夕方、薄暗くなりかけた時間帯に、餌やり中に脱走された「オニカッコウ」、今朝は、まだ近くでなき声が聞こえたのだが、今日午後帰宅してみると、行方不明になっていた。始めて放してやったときに、3日目になってやっと帰ってきたということもあるので、あまり心配しなくてもいいのかもしれないが・・・。事故に遭遇したのではなく、野生に帰る訓練なら結構なことだと思うが。



【『火垂るの墓』アニメ版】

 youtubeで公開されている『火垂るの墓』、テレビ版に続いて、『火垂るの墓』(ほたるのはか)アニメ版(英語字幕)を観た。

・ 『火垂るの墓』(ほたるのはか)アニメ版(1988 東宝)。
  原作 : 野坂昭如(『アメリカひじき・火垂るの墓』 新潮文庫刊)、
  製作・企画 - 佐藤亮一、音楽 - 間宮芳生、挿入歌 - 「埴生の宿」(原題「Home Sweet Home」):歌 - アメリータ・ガリ=クルチ、制作 - スタジオジブリ
  解説などは、コチラ に。
 実写では表現できないところも、丁寧に表現されていて好感。




【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム(タイ粥) 豚肉、半熟卵、パクカーウプン(クンシャーイ)、ねぎ、どんぶり1杯
  ・ サラダ風 (トマト、キュウリ、塩)
  ・ コーヒー (ブラック)

〈昼〉
  ・ カレーライス (小林さん宅で、毎度のことながら絶品)

〈夕〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ 味噌汁 (豆腐、わかめ)
  ・ 蒸し魚 (パシャドー)
  ・ 小ナスの浅漬け



【猫たち】

 朝も夕方も、「アキ」以外全員がそろっていたとのこと。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する