プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/07 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/07 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
「ニン」の容態 ; 猫用の魚 ; 「キック」、戻る ; 『火垂るの墓』テレビ版 ; 今日の食事 ; 猫たち
2015年08月16日 (日) 18:16 / 日記

 今朝5時30分、我が家の外気温は、22.6℃、曇り。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、22.0℃、昨日の最高気温は、31.8℃。雨23.6mm。
 午前中、時折小雨。いつものように、大変蒸し暑い。



【「ニン」の容態】

 残念なことであるが、「ニン」が、また昨日の夕方からほとんど食べなくなってしまった。空腹感で食べようとするらしいのだが、少し口をつけただけで罷めてしまうようである。かみさんの話では、歯が痛むらしいのである。昨日の夕方は、以前の抗生剤と炎症剤をのませてみたが、相変わらず食べられないようなので、今朝は、人間さま用の解熱鎮痛剤「パラセタモール」を、ほんの少しだけ飲ませてみたが、痛みはとまらないようで、昼過ぎ猫缶を食べさせようとしたが、匂いをかいでみただけで口にはしなかった。今までの症状が完全に回復したというわけではないので、このまま食べられないのが続くようだと、先は長くはないわけで不安になってくる。



【猫用の魚】

 「サンコン市場」から、連絡があって、猫用の魚を引き取りに行く。小形雑魚10kg、400バーツ。



【「キック」、戻る】

 夕方。6時前メチャンで乗車の夜行バスで、バンコクへ戻っていった。途中下車しなければいいのだが。



【『火垂るの墓』テレビ版】

 youtubeで公開されている『火垂るの墓』(ほたるのはか)テレビドラマ版(中国語字幕) を観た。
 『火垂るの墓』は、1988年に、ジブリでアニメが公開され、2005年に日テレでテレビドラマが、そして、2008年に劇場版の映画が公開されたとのことだったが、見慣れた俳優が沢山出演しているテレビ版を見ることにした。感動的な映画ではあるが、「事実は小説よりも奇なり」で、実際の「戦争」の悲惨さというのは、こんなものではないというのが観たあとでの感想である。

・ 『火垂るの墓』(ほたるのはか)テレビドラマ版(2005 日テレ)。
   原作 : 野坂昭如(『アメリカひじき・火垂るの墓』 新潮文庫刊)、
   脚本 : 井上由美子、演出 :佐藤東弥
   出演 :松嶋菜々子、石田法嗣、佐々木麻緒、井上真央、要潤、生瀬勝久、段田安則、岡本麗、伊原剛志、沢村一樹、夏川結衣、岸恵子、ほか。
   解説などは、コチラ に。




【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム(タイ粥) 豚肉、半熟卵、パクカーウプン(クンシャーイ)、どんぶり2/3杯
  ・ サラダ風 (トマト、キュウリ、塩)
  ・ コーヒー (ブラック)

〈昼〉
  ・ カレーライス (冷蔵庫内の一昨日の温めなおし)

〈夕〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯br>  ・ 味噌汁 (豆腐、わかめ)
  ・ ティラピア塩焼き
  ・ オクラ
  ・ きのこ(ヘットサーン)にんにく漬け



【猫たち】

 朝、「アキ」と「デーオ」が戻らなかった。
 夕方、「アキ」以外はそろった。ただ、「ポーイ」と尾長の小猫は、遅刻。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント
ファンより
私は、浜松にいる47歳の自営業です。昔はよくタイに遊びに行ってましたが、今はあまりいけません。なのでタイ関連のブログを探してますが、どれもぜんぜん面白くないでした。が先生のブログを読んでファンになりました。好きな記事はオニカッコウや近所のなにげない日常、風景写真です。チェエライは27年前に一回行ったことがあります。あとランナー地方。会うこともないでしょうがこれからもブログ楽しみにしてます。
[2015/08/17 10:19] URL | 井嶋 秀和 #KoWs21lA [ 編集 ]

Re: ファンより
井嶋様
どうもありがとうございます。
「浜松」ですか。
小生の「故郷」は、現在の行政区画上は、「掛川市」になってしまいましたが、そのまえは「大東町」でした。
実家は、今では県議をつとめております弟の名義になっておりますが、末の妹の同級生が長いこと守っていてくれてます。
「浜松」には、遠い親戚もありますし、初恋の女性の嫁いでいった先も浜松市内です。
懐かしいです。
今後ともよろしくお願いいたします。
[2015/08/17 19:53] URL |  K.Suzuki ( 2015/04 ) #ytdwS45Y [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する