プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
「オニカッコウ」、巣立ち ; 道路工夫など ; デジカメが壊れた ; 子猫3匹 ; 今日の食事 ; 猫たち
2015年08月01日 (土) 18:18 / 日記

 今朝5時30分、我が家の外気温は、21.1℃、曇り。
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、21.9℃、昨日の最高気温は、31.5℃。雨ナシ。
 今日から8月。月が変われば、いいことのひとつやふたつはあってもいいと思うのだが。
 薄日ながら陽がさしている時間が長くなったようである。



img_(A1400)_2072ss.jpg
 
今朝、手元から飛び去って、庭の「マンゴー」の古木にとまったヒナ

【「オニカッコウ」、巣立ち】

 「オニカッコウ」のヒナを、チャムトーンのサラーで保護してきて20日になる。1週間もすれば飛べるようになり、放鳥できると思っていたが、過保護かとうとう20日が過ぎてしまった。未だに十分に飛ぶちからがついたとはいえないが、そう何時までも甘えさせておくわけには行かない。何しろ我が家にある鳥かごで飼い続けるには大きくなりすぎた。今では頭から尾羽の先までだと30cm近くもある。鳥かごが狭いため、すでに尾羽の一部を損傷してしまった。
 そんなことで、今朝、やや少なめに餌を食べさせたあと、離してやったところ、今日は下に落ちないで、鳥かごから15mあまり先の「マンゴー」の大木まで飛んで行った。つきが変わった8月1日、記念すべき「巣立ち」である。
 梯子でも届かないほどの高さである。高くて恐いのか、つかまった大枝にじっとしていて、しばらくは身動きもせず、じっとしていた、ずっと面倒を見てきた小生の声を聞きつけ姿を見つけると、餌をねだるときのように真っ赤な大口を開けてギャアギャア鳴いていた。人間との係わり合いのないところで生を受けたヒナで、自然界にどんな危険が待っていようと、そこで生活して一生を終えるのが一番の幸せにちがいない。手塩にかけた我が子を手放すにも似て、断腸の思いもしないではないが、バイバイだよとお別れすることにきめた。
 チャムトーンから戻ると、朝いた場所から2~3m移動しただけで、相変わらずギャアギャア鳴いていた。「托卵」で生まれたヒナで、育ての親しかしらないわけで、不憫ではあるがじっとこらえるしかないと、これ以上、手は出すまいと決心した。

 昼過ぎ、家人たちも姿を見失い、鳴き声も聞こえなくなった。上の写真が、残念ながら、「オニカッコウ」のヒナの最後の写真ということになるかもしれない。

 午後4時過ぎ、家人たちが、裏の竹やぶの高さ20m近い高さのところでギャアギャア鳴いているのを見つけた。その後、呼んで要る声が聞こえたようで母屋の屋根越しに行ったりきたりしていたが、近くには降りてはこなかった。何か食べられるものでもあるのか、まだそれほど空腹ではないのか、近くには降りてはこなかった。とにもかくにも、1回で2~30mは飛べることが出来るようで、いくらかは安心である。



【道路工夫など】

 長雨でぬかるみ始めたチャムトーンの門前に、近くの道路わきから砕石混じりの土を運んで道路補修をした。
 そのあと、子猫たちのトイレ用に、用水脇から川砂を台車3杯分小屋脇の軒下まで運んでおいた。しばらく重労働から遠ざかっていたので、腰が痛くならなければいいのだが。



【デジカメが壊れた】

 一昨日のことだが、メサイのバスターミナルで、長距離バスの写真を2枚撮ったあと、突然、レンズ・トラブルで撮影出来なくなってしまった。以前、コンクリート床に墜としたときの後遺症のような気がするがどうしようもない。レンズ・カバーが半開きになったままレンズが外に出て庫内のである。
 買い換えるしかないと諦めていたのだが、しばらくして再度トライしたところ、レンズが突出するときと、収納するときにカチッと音がして、何かに引っかかっているらしいのだが、ともかくもレンズの出し入れは出来るようになり、撮影も今までどおり出来るようになった。以前小林さんからいただいたキャノンKissの高級機があるのだが、未だに十分使いこなせていないので、普段用にいずれは買い換えるしかなさそうであるが、貧乏所帯、使えるうちは使うしかないと思っている。
 今度買うときは、Canonの「PowerShot SX610 HS」か、その後継機種にしようと思っている。



【子猫3匹】

 昼食後、新入りの3匹の様子を見に行く。3匹とも元気にもって行った焼き魚を平らげた。「ペーオ」は諦めたのか、どこかへ姿をくらましたようだった。サラーには、「ユング」と「ポーイ」の2匹だけがいた。



【今日の食事】

〈朝〉
  ・ カオトム(タイ粥) 豚ひき肉、半生卵、ねぎ、どんぶり1杯
  ・ キュウリとトマトのサラダ風 (胡麻入りマヨネーズ)
  ・ コーヒー (ブラック)

〈昼〉
  ・ きのこうどん (makroの冷凍うどん・・・細めだが腰のあるうどん)

〈夕〉
  ・ ご飯、どんぶり1/2杯
  ・ 味噌汁 (わかめ、豆腐)
  ・ 蒸し干魚 (パシャドー)
  ・ 竹の子と「マ・リトマイ(ソリザヤノキ)」の油炒め
  ・ クラゲのごま油酢和え
  ・ わかめのゴマ油和え



【猫たち】

 朝、「カオポート」と「デーオ」、それに黒っぽい子猫が戻らなかったとのこと。
新入りの子猫3匹、1匹の下痢はまだ治ってはいないようだったが、食欲もあり元気いい。出産経験がないにもかかわらず、「ペーオ」が小猫に関心があるようで近くから長時間見守っていた。「ペーオ」が闖入した隙間は、50cmくらいの長さに切った直径10cmほどの丸太んまどでふさいでおいた。
 夕方も、朝と同じ3匹が戻ってこなかったとのこと。子猫1匹が心配でなる。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する