プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/04 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/04 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
「パク・フアット」 ; 小林さん宅 ; 「カムイ」 ; 買い物など ; かみさん、クリニック ; 今日の食事 ; 猫たち
2017年03月06日 (月) 20:31 / 日記

 今朝4時50分、我が家の外気温は、13.9℃、晴れ、薄モヤ
「農業気象観測所」の今朝の最低気温は、14.1℃、昨日の最高気温は、35.0℃ 、雨 ナシ。
 モヤってはいたが、今日も暑い一日だった。



20170306pakhie.jpg
 
【「パク・フアット」】

 野菜として使用する「クワ科」の「イチジク」に近い「木の葉」である。「葉」といっても、「若芽・若葉」を使用するのだが、木の芽がいっせいに萌え出す、この時期が旬のものである。我が家のあたりでは「パク・ヒー」と呼んでいるが、猥褻な意味にも通じるので、街場では「パク・ヒー」とは言わず。「パク・フアット」と呼んでいる。豚肉などと一緒に炒めた物は、なかなか結構な惣菜である。意外に癖のない我々日本人でも食べられるものである。詳細は、拙稿の、コチラ をご参照ください。

 その「パク・ヒー」、娘のリクエストで、蒸かしてしんなりさせたものを、冷凍して「プッキー」たちに持たせてやることにし、今朝、家中で下ごしらえしていた。「北タイ料理」の一つとして、売り物にするらしい。



【小林さん宅】

 これから先の端境期を前にして、飯米を届けるために、小林さん宅を訪問した。
 いつものこととはいえ、日本のお土産に入れ歯用「タフグリップ(小林製薬)」をいただいてしまった。現在、日本で一番の売れ筋の入れ歯安定剤とのこと。早速使用してみたが、なかなか具合がよく、たいていの食事はカバーできそうな気がしてきた。毎度のことながら、気にかけていただいてありがたい限りである。
 かみさんの胃痛が話題になったのだが、「興和」の「ザ・ガード」がいいよと勧められ、少しいただいて昼食時に服用したところ、なかなか具合がいいらしい。クリニックや病院の1万円以上に相当する薬より効くようなので、もし気のせいではないのであれば、何とか手に入ればと思っている。行きとうって変わって帰りは体調がいいのか、ご機嫌が良かった。
 しばらく雑談したあと、「WIANG INN」で昼食。こちらの方もお言葉に甘えてゴチになってしまった。薬から食べ物まで、何から何まで、お世話になりっぱなしである。



【「カムイ」】

 小林さん宅の14才になった愛犬、アメリカン・コッパーの「カムイ」、この2~3ヶ月の間に急に老け込んでしまい、見るのも気の毒。かみさんは、気の毒だからと会わずに帰って来た。老いれば、やがては命を全うするものとはいえ、つらいことである。



【買い物など】

 メンライ駐屯地内の自然食品店で、「歯磨きクリーム」など買っていた。
 帰りに、メチャンの「ワット・カサー」前の、お守り屋で、「ミック」のために、迷子札を入れて首にぶら下げておく容器をかった。バンコクに行って迷子になっても、永久に行方不明ということのないように。



【かみさん、クリニック】

 かみさん、夕方の5時の予約検診日。小生は視力が落ちてきていて、暗くなってからの運転は危ないので他の人を当てにしていたのだが、あいにく誰もいなくて、命がけでも小生が運転して行くことになった。チャムトーンの猫の世話もあったりして、5時回ってからようやく家を出ることができた。それでも、家猫たちは、帰って来るまで夕食はお預け。なにしろ、今日一日で、二度のチェンライ往復。
 往きは、わずかに薄暗くなり始めたばかりで、運転には支障はなかった。診療が終ったのが、6時半過ぎで、暗くなりはじめていたが、頂き物の「目薬」の効果もあったし、最近レーン分けの反射器をあちこちにとりつけてあったことなどもあって、支障なく運転できた。万一路面が見えないようだったら、歩きで帰るしかないよと冗談を言っていたのだが、どうということはなかった。
 7時半に家に帰りつき、腹を空かせて待っていた家猫たちに食べさせた後、我々夫婦ふたりだけの夕食ということに。お菜作る暇がなかったので、「イカ大根」だけではあったが、新婚時代を思い出すような妙な雰囲気での食事だった。小生は、玉子かけご飯にした。

 クリニックの医療費、薬代ともで、2960฿。今更のことではあるが、ずいぶんのボッタクリである。効果があれば、それでもいいのだが、どう見ても、診立てちがいの診察のような気がして仕方がない。



【今日の食事】

〈朝食〉
  ・ ハンバーガー3個
  ・ コーヒー (インスタント)

〈昼食〉
  ・ ブッフェ料理 (「WiangInn」で)

〈夕食〉
  ・ 玉子かけご飯、どんぶり1/2杯
  ・ イカ大根



【猫たち】

 今朝は、「ミン」が遅刻してきたが、ともかく全員がそろったとのこと。
 夕方、「カオカム」だけが戻らなかったらしい。「ペン」が戻らなかったため、あちこち探したり名を呼んだりして、いつもより時間がかかってしまったらしい。「ペン」は、島組の世話を終えたあと、しばらくしてから、門の外から悠々と帰って来たらしい。


*    *    *    *    *    *    *    *    *    *



スポンサーサイト