プロフィール

 K.Suzuki  ( 2017/07 )

Author :  K.Suzuki ( 2017/07 )

 ◇ ようこそ!
  ビザ用を撮り直したついでに、
 写真も変更いたしました。

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

コメント

アーカイブ

 

お気に入り

このブログをリンクに追加する


クリックして、ホームページへ



Since Nov 1 2012



QRコード

QR

RSS

検索

新・チェンライ便り
雨の日も、風の日もある、北タイ・チェンライ在住の老いぼれ日記です。
        
学校始まる ; 庭木の剪定など ; かみさんの体調 ; ビデオ鑑賞 ; 猫たち
2012年11月01日 (木) 23:43 / 日記

 今朝5時10分、我が家の外気温は、20.4℃。曇り、上空には、月も星も。
農業気象観測所の今朝の最低気温、19.9℃、昨日の最高気温は、27.4℃。

 快晴。最高気温も、下がって来たようで、日中でも、短パン・Tシャツでは、肌寒いほどだった。



【学校始まる】

 タイの学校は、今では「前学期」、「後学期」の2学期制である。前学期末の期末休暇は、去年前では1か月近くあったが、各学校ごとに任意のスケジュール管理ができるようになった今年のメカム学校の休暇は、半月あまりしかなく、今日から、「後学期」が始まった。中学3年の「プッキー」にとっては、いよいよ義務教育最後の学年ということになった。
 来年の新学期からは、チェンライ市内の高校過程のある学校に進学するつもりらしい。今のところは、どうした風の吹きまわしか、「オーバーブルック病院」の近くにある制服が「赤スカート」で有名な「チェンライ・ウィズ」とかいう、キリスト教系の学校が第1志望なのだそうである。



【庭木の剪定など】

 「ウメの木」、「ブーゲンビリア」などの徒長枝の剪定をした。
 「ウメの木」の徒長枝は「発育枝」といって、翌年、翌々年あたりの花芽が期待できる枝らしいのだが、不用意に今年も全部切り落としてしまった。
 「ウメの木」の日陰になりそうな、「インタニン」の大枝も切り落としておいた。
 かみさんと「ノイ」にも後片付けなどてつだってもたったのだが、かみさんは、「マナウ」の小枝の剪定を、午後までかかってやっていた。
 「マンゴー」、「豆スモモ」など、剪定しなければならない果樹もまだまだあるのだが、またの日にということに。

 「サニーレタス」が発芽し始めたようなので、ふたにしていた苗床容器などを取り除いて、遮光ネットに取換えた。
 かみさんおはなしだと、カブやラディッシュ、春菊などのタネが、不法侵入してきた、鶏一家にやられたらしい。随分厳重に侵入防止したはずなのにとボヤいていた。「蛇の道は蛇」か。



【かみさんの体調】

 悪くなっているわけではないらしいが、脇腹の不快感は相変わらずのようである。
 薬のせいか、昨日の夕方、下痢気味だったらしい。



【ビデオ鑑賞】

体感 グレートネイチャー
  『雨の匂いのする砂漠 ~アメリカ メキシコ~、ソノーラ砂漠』     (橋本奈穂子)

『サイエンスロマン ・ 絶滅動物の物語
  『第1回 古代獣 ひととの出会い (91/8/20)』             (桜井洋子)
     「アジア人種」が、アラスカに到達したのは、およそ1万1千年前のことらしい。
     「アカ族」の面相は、「インカ」や「アメリカ先住民族」の面相とよく似ているのだが、
     おそらく祖先を同じくする人種なのだろうと思われる。
     氷河期にベーリング海峡を歩いて渡った人類は、わずか、1000年で
     南米最南端にまで達したらしいが、この間に、「マンモス」などを狩って絶滅に
     追いやったのだそうである。



【猫たち】

 チャムトーン」の猫たちを含めて、特に変わった様子は見られなかった。
 「モモ」は、着実に回復に向かっている。背中の傷も、我が家の来たばかりの時に比べると、半分以下に縮まった。
 かみさんにも指摘されたことだが、夕方、黒目が大きくなる時間に差し掛かると、本来黒目の部分が、白く濁って見えるのが気になる。視力障害がある風にも見られないのだが、もしかすると「弱視」のような状態なのかもしれない。
 もうひとつ、「モモ」は、なかなか自分の名前をおぼえてくれない。「タマ」は直ぐ覚えたが、頭もよくないのかもしれない。
 さらに、もうひとつ、顎の下に柔らかいが凝りのようなものがある。「扁平上皮癌」の始まりでなければいいのだが。


*   *   *   *   *   *   *   *   *   *



スポンサーサイト
        
ブログ移転のご挨拶
2012年11月01日 (木) 00:01 / 日記

ブログ移転のご挨拶

 2006年11月5日の 「楽天」の拙ブログ に、以下のような記述がありました。

『 突然ですが、本日、11月5日分より、日記の書き込み先を変更いたしました。
 【引越し先】 エキサイト・ブログ、『新・チェンライ便り
 【URL】  http://payarn.exblog.jp/

 今後とも、よろしく、お願いいたします。

 長年お付き合いしていただいて、家族ぐるみでお世話になっている知人のパソコンでは、「楽天ブログ」は、読んでもらえないことが、つい最近判明しました。
 調べてみたところ、知人の旧バージョンのOSは、サポートしていないのだそうです。
 5年前までは、最新バージョン(?)だったはずのOSでは見ることが出来ないブログを設計している「楽天」の「傲慢さ」みたいなものを感じてしまいました。
 「無料なんだから、つべこべ言うな!」という声も聞こえてきそうな気がしますが、彼らも無料の利用者のお蔭で飯を食えているわけで・・・。
 タイ文字の書き込みが出来なくて不便だなとも思っていたところで、扱いなれてはおりましたが、この際、きっぱりと決別することにしました。
 悪しからず、ご了承ください。 』  


 前回の「楽天」から「EXCITE」への引っ越しは、他にも、いくつかの理由はあったのですが、直接には、是非読んでもらいたかった知人の「MAC」で読めないということでした。
 あれから、もう6年、ずいぶん長い間、「EXCITE」さんには、お世話になってまいりました。
 設定変更や更新の操作も、比較的容易で、老いの身には嬉しいブログでしたし、見た目もシンプルでとても気に入っておりました。
 それが、昨春、ログイン操作に「SSL」なる認証システムが導入されたころから、おかしくなりはじめ、7月になると、とうとうログインができなくなってしまいました。その後、半月ほどで不具合は解消したのですが、ログインに1分以上の時間がかかるようになってしまいました。それでも、何とか、この11月の初めまでは使えてきたのですが、とうとう使えなくなってしまいました。正確にいうと、たった1回だけですが、何とかログインができ、たまっていた3日分ほどの更新を済ますことが出来たのですが、その後は、ブラウザを変えてみたり、あれこれ試したのですか、今日(11/13)現在復旧はしておりません。
 時代の流れでしょうか、どうやら、北タイの片隅からの超遅いダイヤル回線での接続は、見放されてしまったようです。
 「悪女の深情け」という言葉がありますが、何とか使いつづけていきたいのですが、この精神的、時間的な負担には耐えられず、ブログを変更する決心をいたしました。
 引っ越し先は、「EXCITE」ブログのトラブル時にお世話になりました「Goo」とも考えたのですが、入力した内容が、当方のほんのちょっとしたミスから雲散霧消してしまう経験を何度かさせられたこともありまして、操作性の安定さというか、ソフトの成熟度合などから、この「FC2」に決めました。
 以前は、「FC2」のブログにも種々問題があったようですが、今ではナンバーワンの人気ブログだそうで、サーバーも増強されて安定してきたようです。
 ただ、ひとつだけ心配なのは、じつは、「FC2」ブログは、すでに『犬と猫のブログ』で使わせてもらっているのですが、「管理画面」の操作で、二つのブログ間でコンフリクションが起きることがあるようなのが、気になっております。
 もう一つは、公開されている「テンプレート」に、「EXCITE」ブログのようなすっきりとしたシンプルなものが、見当たらなかったことです。
 今や「facebook」の時代で、「ブログ」などは時代遅れなんでしょうか、気のきいた「テンプレート」など作られなくなってしまったんでしょうかね。
 次善の策で、「CINEMA HOUSE」と題された、映画ファン向きの「テンプレート」で我慢することにいたしました。
「エントリー・タイトル」など気になったところは、見よう見まねの知識で、「CSS」変更などして、いじくってあります。

 「サイト・タイトル」のバックの画像の文面ですが、気になって虫眼鏡を使ってみたところ、以下のような文面が読みとれました。

You know, when I first went into the movies Lionel Barrymore played my grandfather.
Later he played my father and finaly he played my husband. If he had lived I’m sure I would have played his mother.
That’s the way it is in Hollywood. The men get younger and the women get older.


 「Lionel Barrymore」という人は、『白昼の決闘』に脇役で出ていた俳優さんらしいですが、映画がトーキーになる前から、活躍していたスターだそうです。この文章は、推測ですが、後年、彼と共演することになった名女優さん(もしかすると「グレタ・ガルボ」)が、書いたエッセイからの抜粋なのでしょうかね。
 この「テンプレート」の作者は、映画大好き人間で、淀川長治さんのファンだったりするのかもしれませんですね。
 映画好きでも、最近はとんとご無沙汰続きのものが、しかも映画の話題など全くない日記で使用させてもらうのは恐れ多いのですが・・・。

 肝心かなめの「ご挨拶」の内容が最後になってしまいましたが、これからも、どうかご贔屓に、よろしくお願い申し上げる次第です。
 移行後、しばらくの間は、お見苦しい不手際などもあるかとは思いますが、どうかご容赦ください。不躾なお願いではありますが、不具合などお気づきになられましたら、ご一報いただけるとありがたいです。

( 2012年11月吉日記 )



*   *   *   *   *   *   *   *   *   *